秘伝・神社開運法

2016年01月09日

1月11日は鏡開きです

開運鑑定家の藤尾美友です。

地域によって日にちが違うところがありますが、現代では1月11日に鏡開きをするおうちが多いようです。

ところで、なぜこのようなお飾りをおうちにするのかご存知ですか?

家に歳神様にお越し頂くための準備なんです。
歳神様は、家々に1年の実りと幸せをもたらすために、高い山から降りてくると考えられている新年の神様です。

お正月に、門松を目印に歳神様がやってきて、
20141114_1

しめ縄をしてある家にいらっしゃって、
20140108_4

鏡餅が、歳神さまの座布団。といわれています。
20140108_2
だから鏡餅がない家には、年神さまが長居せずに帰ってしまわれる。のですよ。

みなさんのお宅には鏡餅を飾られましたか?

私は昨年末忙しすぎて餅つきを家では行わなかったので、買ってきた簡易の鏡餅にさせて頂きましたが、玄関、神棚、お仏壇、リビングダイニングにそれぞれお飾りしています。
この写真は、大阪でどんどん会社を大きくされている産土信仰を長年されている社長さんからお借りしました。

あまりに素晴らしいお飾りだったので、感銘しました。
成功する人というのは、こういうことをしっかりと大事にされているものです。

さて11日の鏡開きですが、鏡割りとはいわずに、鏡開きという意味がちゃんとあるのです。
「餅を刃物で切るのは切腹を連想させる」という武家時代の風習から、包丁を使わずに木槌などで割って細かくしたところから、「鏡開き」というようになったのです。

もし包丁で細かく切っちゃっている方は、今年からは木槌で割ってみませんか?

ちなみに私の買った鏡餅は、パックのお餅が入ってるから割る必要がなかったりします~。現代人ですな。まったく(笑)

しかも、義母は10日にどんと焼きがあるからといって、9日にさっさと鏡餅のパックを分解して、お餅を取り出しておりましたショック!

私「お義母さん、鏡開きは11日やで~」

義母「あ!ほんまや。今日が11日やと思ってたわー あはは」

私「まあいいけど・・」

義母「これはパックに入ってるお餅やから、かびてきてる方のお餅の方からから食べるわ~」

って言う感じの、本当に適当な義母。

でもそういう義母だからこんな私でも仲良く同居できるんですけどね~。

私の家の玄関に飾ってる鏡餅はまだ大丈夫でした(笑)
Simplog

現在募集中のセッション・イベント

1月16日(土)プレミアム新春開運ランチ会in梅田
アップメルマガ読者限定で募集しているシークレットなランチ会ですが、あと残席2席です!
大阪でなかなかイベントできないので、ぜひこの機会にお会いしませんか?


こちらもあと3席!募集中です!


アメンバー申請は、私に会ったことがある方、私のセッションや鑑定を受けたことがある方に限定して承認しています。
アメンバー申請の後、メッセージで誰々です。とわかるように送って頂ければ
すぐに承認致します。
それ以外の方は承認していませんのでよろしくお願い致します。

人生最高の開運を手に入れる方法/PHP研究所

¥1,404
Amazon.co.jp
↑電子書籍がいい人はamazonで

書籍がいい方は藤尾から発送できますので、メッセージでお問い合わせください。




藤尾美友プロフィール

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ


  • 2017年1月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (5)
  • 2016年6月 (5)
  • 2016年5月 (4)
Copyright © 2017 ILU All Rights Reserved.