本気で開運したい人この指とまれ!!

自分だけのオンリーワンの守護神さま、知ってた?

神仏をご開運して、自分も開運しよう!

「豊かなご縁」で開運しませんか!

トップページ

無料メール講座
産土の開運に興味を持った方必見です!

メールアドレス
お 名 前

産土神社鑑定

はじめまして
産土神社運命鑑定について
よくある質問(Q&A)
体験談
藤尾美友セレクト(本)

開運セッション

開運セッションについて
引越開運セッション

九星方位学

吉方位・凶方位について
DVD講座もあります

開名(改名)

姓名判断してみよう!

講座・開運塾

過去に開催した開運参拝ツアー
  出張開運塾・セミナー・取材などのお問い合わせはこちらへ!

趣味のメニュー

個性心理学(元祖動物占い) 
藤尾美友セレクト(本)
藤尾美友セレクト(音楽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサーチ・プロデュースの感想・体験談

30.東京都にお住まいの女性の産土神社・鎮守神社21日連続参拝の感想


昨日無事に21日間終わりました

最後は感動的で涙がでそうになりました

本当に産土様知ってよかったなって 実感してます

初日からとても浅草神社とご縁がある日に行くことができ
そこで浅草神社のシンボルでもある3つのお神輿と出会うことができました
そして、最終日にも出会ってしまいました
今まではお祭りの時にしか見たことがなかっただけにびっくりでした

そして、初日と最終日におみくじをひきました
初日は13番の小吉 最終日は6番の大吉
もうすごいびっくりでした
そして、数字にもびっくりでした

13は今までもとってもご縁があった数字
そして、6は、自分の誕生数で目標の数字でもあるからです
なんだか、次に行く時がきたように感じてしまった

そして、書かれていたことが私が以前に言われたことがある言葉で
とても心に深く残っていた言葉で
何かメッセージをもらったように感じました
本当に守られているんだなって実感でした

そんでもって、今日は結婚式をやっているところにおまいりでした
生まれて初めて、見ることが出来ました
人の幸せなところに出会えたこと とっても嬉しく思います


本当にじわーって感動が胸につたわってきました

それと時期の問題として、
あと半年で会社が移転することになりました
こうなると会社の前後に浅草神社に行くことは大変になります
でも、今なら行くことが可能でした

これも不思議なご縁だなって思ってます
移転すると聞いたのはつい先週なので

これからも 時間がある時は行きたいなって思ってます

本当に調べてくださって ありがとうございます



29.福岡県にお住まいのS.Cさま(女性)産土神社・鎮守神社お参り後の開運体験談
こんにちは。。。

藤尾さんに神社リサーチをしていただいて1ヶ月が過ぎました。
その間家の近くにいてくださる鎮守さま、職場の鎮守さまに数回行かせていただきました。

不思議なのですが、とっても落ち着きますね。
小さな神社なのですが、いつもきれいに掃除がされてて、すがすがしい気が流れているような
気がしてとても気分がいい所だと思います。

私は祐気とりをしている関係で祐気とり先にある神社や
前の家(今のところは去年の4月に引越してきた)の近くにある神社に
時々おまいりに行かせていただいていたのだけれど、なにかが違う気がしてます。

ところで今日も鎮守さまに行かせていただきましたが、気になった事があったのでメールしました。

神社の中に主の社の他に3つの小さな神様がおまつりしてあります。
私はいつも主の所にしかおまいりしていませんでしたが、
この3つの小さな神様にもご開運をお祈りした方がいいのでしょうか?

私は両親と一緒に働いているにも関わらず嫌いで(笑)、ほんとにストレスで
それが患者さまに(うちは病院やってます)影響を及ぼさないか・・・とまた心配してたんですね。

おまいりするようになって「顔みたくない」といった最悪の状態は緩和されてきています。

少しは両親に対する想いもいい状態になってきています。

患者さまも年末よりきてくださっているような気がしてます。

きっとイロイロ守ってくださってるのでしょうね。。。感謝してます。。。

28.大阪府のお住まいのN・Mさま(男性)の産土神社・鎮守神社の感想
恩智神社へは、自宅から近かったので自転車で行ってきました。

地の方(私も河内に居を構えた先祖から数えて8代目です。)が多く住まわれている地域に鎮座されているので、境内はお掃除が行き届いていましたし、拝殿も新しく造営されていました。

鳥居の前の駐輪スペースに自転車を止め、鳥居をくぐり、住宅、お寺が立ち並ぶ急な坂道を5分ぐらい登ると、今度は目の前に131段もの階段が見えてきました。

ようやく来れたとの思いがあったので、こころはウキウキしていましたが、心臓はドキドキ。
そんな状態で何とか階段を息を切らしながら登り終え、手水舎に向かいました。
緊張していたのと息が整っていなかったことがあいまって、ハンカチを手水舎の排水路に落としてしまい拾ったので、2度お手水を使わせていただくことになってしまいました。

 そして、なんとかお参りの準備ができて、拝殿に向かおうとすると、うす曇の空の雲間から太陽が照り始めました。

「よう来たなぁ。」と仰っていただいたようでした。

拝殿の前で、手を合わせ、今までのご無礼と産土の大神様の開運をお祈りし、参詣させていただいたことへのお礼を申し上げ、アメリカでの試験、旅行の安全のことについてお願いしました。

ただ、緊張していたので、すらすらとはいきませんでしたが。

拝殿のお参りを終え、おみくじをひかせていただいた後、恩智神社の由緒が(大変な古社であることに驚きました。) 書かれた木製の碑を読んでいますと、また雲間から太陽が照り始めたので、太陽のほうを向くと拝殿が目に入り、 その後ろが気になったので、そちらへ向かいました。

そちらには本殿があり、既に拝殿でお参りを済ませていましたし、藤尾さんのメールでも拝殿でお祈りするようにとお聞きしていたのですが、あらためてお参りさせていただきました。
 
その後、境内のベンチに腰を下ろしてしばらくすると、心臓が少し変わった拍動を何回かしました。

ただ、お参りを終え、階段に一歩踏み出したときから、お参りの際、ご無礼があったような気がして仕方がありませんでした。

やはり、本殿でお祈りさせていただいたのが問題だったのでしょうか。(問題があれば明日にでも再度お参りさせていただきたいと思いますので、申し訳ありませんが、お教えください。)

その足で、今度は鎮守神社の柏原神社へお参りに行きました。
神主さんはおられず、手水舎は使用できないようになっており、拝殿にも鍵がかかっていました。
ただ、社務所にあるインターフォンをおすと、管理をなさっておられる方が来て鍵を開けてくださいました。

今回は、こころを落ち着けてお祈りでき、お参り後何か肩の荷が下りたかのような感じられました。

神社サーチを依頼させて頂いてから、産土の大神様に感謝し、一日も早くお参りさせて頂くことが出来るようにと祈って過ごしていたせいか、お参りさせていただく前から、こころに軽やかさが出てきていたように感じますし、今日、産土神社と鎮守神社にお参りさせて頂いてから、さらに、こころの軽やかさが増しましたし、不安も薄れはじめたようにも感じます。

その後

やはり気になったので、恩智神社に今日もお参りに行ってきました。

お参りを終えてしばらくすると、昨日と同じように、雲間から太陽が照り始め、「赦す。」と仰っていただいたように思われました。

帰り道、よく考えてみると、両親の離婚以来、徐々にではありますが、恩智神社の近くに引越ししてきたことに気づき、驚きました。

が、家についてさらにビックリ。家の玄関へと通じるアプローチが、ほぼ恩智神社の方向を向いていたのです。
しみじみと、恩智神社におわす産土の大神さまに見守っていたのだと思い、あらためて感謝しました。

27.東京都にお住まいののF・Sさま(男性)の産土神社参拝の感想

今年の正月は田舎に帰らずに東京で年を越す予定でしたが先生からリサーチ結果がメールで送られてきてからは、産土神社へ行って一目自分の産土の大神様にお会いしたいという思いに駆られ、急遽田舎に帰ってきました。

藤尾先生も言われているように、大抵自分が「ここの神社では?」と思っている神社が意外と産土神社ではないことが多いという例にもれず、私も自宅から少し離れた「泉井上神社」が産土神社だったのには驚きました。

しかし、よくよく考えてみると、自分の高校もその神社から近いし、最初の就職先もその神社の近辺だったので、その場所に縁がないわけではなかったんです。

なのに、今まで一度も手を合わすことも思いを抱くこともなくスイマセンでした、と年末の29日に人生初の産土参拝をしてきました。

正直いいますと、29日の参拝では特に何も感じることもなく(当たり前ですよね)その後も、田舎にいる間は出来るだけ参拝しようと、何度か参拝させてもらいました。

泉井上神社は和泉国の総社でもあるので、いくつもの御社があったんですが、年末や祭事の時にしか中に入れない一角がありまして(重要文化財的なものらしく)私が2回目に参拝した時ちょうど、出入りが出来るようになっていたんです。

年末でまだ人もあまりいない状態でしたので、家族と共に中に入りいくつもある御社に手を合わせ、大神様や守護の神仏たちのご開運をお祈りさせていただきました。

でも正直、風も強いし寒いし、子供が風邪ひいたらどうしよう?とか御社もたくさんあるし、祝詞もたどたどしい感じで、うまくいかず、これで本当に大丈夫なのかな?
神様もこんな邪念だらけじゃあ聞いてくれてないかも・・とすべての事が不安に思いながらやっていたんです。

その中の一つの小さな御社の前でお祈りをさせていただいている時に、ふと脳裏にあるイメージがよぎったんです。

「そうか!神様が居るもなにもこの一角は神様の中なんだ」と「私は今、神様の体の中にいるんだ」という何ともいえないイメージが浮かだんです。

すると、不思議な事に一瞬寒風もぴたりとやんだんです。
すごくその時は何かジーンとしてしまいました。正月3日は参拝を遠慮して、その分家の菩提寺とお墓参りをしてきました。

そして、帰る前にもう一目会いたいと思い、参拝したのですが残念ながら「その一角」はすでに施錠されて中には入れなくなっていました。

そういう意味では、本当にそこに入るために呼ばれたみたいな感じで、とても縁を感じました。

そして、東京に帰ってきてからは、今まで近くの神社から頂いていたお札お返しして改めて自宅の鎮守神社である諏訪神社と職場の鎮守神社に今までの礼のお詫びと、感謝をいいに参拝をしてきました。

今年から自宅には神棚をお祭りして、山田先生のご本や藤尾先生のサイトを参考にしつつ、頂いてきた産土神社と自宅の鎮守神社のお札をそれぞれお祭りさせていただいています。

今回産土様に会えたのも藤尾先生のおかげです。本当にありがとうございました。

26.名古屋市にお住まいのF・Mさま(女性)の鎮守神社参拝の感想

本日、職場の鎮守神社に行ってまいりました。

こんなところに神社があったのか・・・と驚きながら鳥居をくぐりました。

その地区は、私は入社する前(高校時代)に通っていた予備校から近く、また大学時代のアルバイト先からも近いのに、まったく存じ上げない神社でした。

予備校、アルバイト先、会社と偶然にも近いところ(名古屋駅のすぐ近くです)にあり、神様とのご縁の深さを感じました。

訪れると、ずっと守っていてくださったという感覚があり、現在までの非礼をお詫びし、お守りしていただいたことに感謝いたしました。

お社の大きさや土地面積は小さかったのですが、きれいで清浄で、そしてとてもおだやかであたたかい感じがしました。

また、産土の神様ですが、私が幼い頃、お宮参りに行った神社であり、七五三参りに行った神社であり、私の両親が結婚式を挙げた神社でもあります。
生まれる前から、生まれてからも、ずっとお守りして下さっていることに気がつき、早くお礼に参りたいと思っています。

現住所の鎮守神社よりも自宅に近い場所には神社があり そちらは通勤途中にあるので、行き帰りには時々手を合わせたりしていました。

今回、その神社が現住所の鎮守神社ではなかったという結果でしたが、引っ越してきてから今までよく通った場所なので、これまで同様、鳥居の前を通るときはご挨拶をして通ります。
(鳥居の前を通るのが、自宅から最寄の駅に行く近道なのです。)

私は、出身が島根県出雲市で、幼い頃より、神話を聞いて育ちました。
神様大好き(笑)だったのに、大人になるにつれて、一般に謳われている「ご利益」優先でお参りるする神社を選んできたかもしれません。
しかし、これを気に改めて周囲に感謝し、生きていこうと思っています。

25.会社員(東京都S・Hさま)(女性) 産土神社参拝の感想

さっそく今日、産土神社へ参拝に行ってまいりました♪

片道二時間とちょっとした旅行気分でしたが、
電車本数の少ない休日にも関わらず、スムーズな乗換ができたり、
一時間に数本しか運行していない快速特急にスンナリ乗れたり。
梅雨時期にもかかわらず、お天気にも恵まれて、
出発してからずっとラッキー♪続きでした。

きっと産土の神様が喜んで導いてくださっているに違いない!
なんて、楽しい気分で向かいました。

私の産土神社の野津田神社は、本当に小さな古い神社でした。
緑が豊かな場所にあり、小高い丘(山)の中にありました。

鳥居が見えてきたときに、「あー、やっと来ることができた」という
とてもうれしい気持ちになり、拝殿が見えてきたときには
胸がいっぱいになって涙が出てきてしまいました。

不思議ですねー。
ここに来るのは初めてなのに。

胸がいっぱいになったのは、感動したということではなく、
"守っていてくださったんだ"という深い深い感謝の気持ちで
いっぱいになったからのような気がします。

ですから、お祈りのときもお願い事を言うというよりも、
感謝の気持ちと、今こんなに幸せですということをお伝えしました。

神社が見えてきた瞬間に、雲が晴れてピカピカのお天気になったのが
印象的でした。
そして、あー私は守られているんだ、というとても豊かな気持ちに
なれたことで、とても感動しましたし自信につながりました。

24.会社経営(大阪府A・Kさま)(男性) 産土神社参拝の感想

宮城県まで飛行機で
まず産土神社の深山神社へ、山寺の雰囲気の神社でした。

石碑もたくさん有り、霊山なんだなーって感じ。

そして多賀城跡と陸奥総社宮へ、ここはすごかったですよ。
本当にすばらしい所でした。

最後に塩竈神社へお釜神社にもしっかり行ってきました。

忘れずにお札をもらい、帰ろうと、しかしお祭りなので神事が、
飛行機まにあわせてあげるから、ゆっくりしなさいと
言われたようなので、ゆっくりしてギリギリの時間になりましたが

帰ると、やっぱり道すいててスムーズに帰れました。

ちなみに、おみやげ たいしたものない宮城県ですが、寿司は最高ですよ。

帰って、お札を交換しました。

雰囲気がらっとかわり、神棚の存在感が、ぜんぜん違います。
会社も神棚作ってよくなりましたが、
お札一枚でも、すごくかわるので、ビックリ。

正しく祭る事の大事さが、よくわかりました。

23.京都府にお住まいのH・Mさま(女性) うぶすな開運コンサルテーションの感想

 

すごく咳がひどい時なのに延期もせずに私の為にありがとうございました。
ずっと以前から藤尾先生にお願いしたいと思ってやっと実現した訳です。

仕事の事・家庭の事・空亡の事等相談したい事がいっぱい。
でも玄関の戸が開いて先生の顔を見た瞬間10%消え(問題)、
話をじっくり聞いてもらったら30%消え、
今後の方法を指導していただいた時に30%消え、
申し訳ないのですが先生の苦しそうな咳で10%消えて
合計80%その場で開運(解決)してしまいました。
後の20%は私の努力ですね(笑)

先生ってずっと以前から感じていたのですが、やっぱり癒し系の不思議な力をお持ちですね。
一週間たちますがすごく心が癒されて今穏やかに過ごしています。
ほんとにありがとうございました。そして今後も定期的にプロデュースお願いしたいと思います。

22.産土神社・鎮守神社にお参りされた 京都市にお住まいのT・Nさん(女性)の体験談

産土神社:石清水八幡宮(八幡市高坊)
産土の大神様:男山にいます大神さま

自宅の鎮守神社:松尾大社(西京区宮町)
自宅の鎮守の大神様:松尾山にいます大神さま

職場の鎮守神社:松尾大社(西京区宮町)

リサーチしていただいて、
高揚に近いドキドキ感を抱えて、御礼申し上げます。
この感謝と感動は藤尾さまにしかお話できないと思い、
ご迷惑と存じますが、お付き合いくださいませ。

どなたさまも、産土神社や鎮守さまに参っているものでしょうか?

石清水八幡宮も松尾大社も大好きな神社なのです!

幼い頃は石清水八幡宮に参るのが初詣でした。
年を重ねる毎に、引っ越しなどで適わなくなりましたが。
冷たい風の中、男山の参道を長々と登るのが大好きでした。

今、住んでいるところに越して来たときには
自宅の近くの神社で、歴史が古く、大社でしたので、
松尾大社にお参りしました。

お社の後の山の、豊かな包容力、生命力、穏やかさ、威厳、格式、存在感に
心震える思いをしました。
いまでも、参ると何よりもあそこの後の山が大好きなんです。見上げます。

いずれの記憶も、鮮明に思い出せます。

松尾大社は、用もないのに行くこともありました。
今度から「 用もないのに ・・・」と思っていくのは止めますね。

お送りくださいました資料を待って、
「 用もないのに ・・・」と思って、心閉ざしてウロウロしたことをお詫びして、
お参りしてきます。
石清水八幡宮もご無沙汰をお詫びして、子供の頃、守ってくださっていたことを御礼申し上げに・・・。

リサーチ。ありがとうございました。
詣でる前に、知るだけで、これほど高揚と安堵感に感動するとは思いもよりませんでした。
ありがとうございました。

 

お参り後のメール

産土さまの元には、メールを頂いて、すぐの土曜日に
詣でて参りました。

その日、人は少なく、父と二人、参道を登り始めました。

二の鳥居を過ぎた辺りから、寄りそうように参道をご一緒くださったと、
また、或る木とはお話をしてきたと、すっかりその気でおります。
「たどたどしい」というより「崩壊している」祝詞には、絶句もされた・・・。

ただ、また来るようにと、詣でることをお許しくださったと、
詣でたのが12月11日ですから、二日後の今でも、信じられるのです。
不思議です。

木々の耀く山でした。紅葉や落ち葉に覆われた石畳と、
覆いかぶさるように茂る木々の美しさは息を呑むほどでした。
その山の森の中においでになる神様のようでした。
このすべてが気のせいで、私の思い込みと、人には言われそうですが・・・。

今度伺う時は、一握りの土、
我が家で、私が園芸をする家族のために、
微生物や良性の菌を混ぜて再生させている土があるのですが、
これを持って上りたいと思ったのですが、いけないことでしょうか?

座禅を組むのですが(この所その習慣から遠ざかっていましたが、再開の兆し)、
喜捨の替わりに、人生の貧しい時には豊かな土を、
豊かな時には豊かさに相応しい喜捨をした人の話を聞き、知っていたので、
思いついたのかもしれません。
してはいけないことでしたら、教えてください。

今日は、産土様のところで、へったくそーな祝詞で申し上げたことを、
始めると、決めていた日でした。
なんとか、ちょこっと始められました。
約束を破りたくないなぁ〜って気がして、
いつもならあきらめそうなところ、
今日という日が、あと2時間あるっ!って思えて、私の力ではない。
有りがたいです。



土地を肥えさせるためのことをされるならば
大歓迎だと思います。

きっと産土さまはお喜びになると思いますよ。
なにしろ、産土さまは土地に宿る大神さまですから。

祝詞はへたくそであっても、心が大事だと思います。
私もへたくそです(笑)

祝詞をあげられるというのがすごいと思いますよ。

                                     ふじおより

21.産土神社・鎮守神社にお参りされた 横浜市にお住まいのK・Kさん(女性)の体験談

鎮守神社は、もっとご近所にある「天照皇大神神社」かと思っていましたが、違うんですね。

でも、お調べいただいた杉山神社も、なぜか好きで、初詣には必ず二つおまいりしていました。

しかも、来年3月には、杉山神社の真横に引っ越すことが決まっています。

産土神社の方は、今回リサーチをお願いするために、改めて両親に尋ねた私の出生場所から目と鼻の先でした。(とりあげてくださったお産婆さんの産院も同じくらい近かったです。)

いつも宮司さんがいらっしゃる立派な神社で、このご時世にしては珍しく、参道も境内もしっかりと保存されていました。

本殿に向かって右側に手水屋がありました。丁度七五三の季節でもあるからと思いますが、新鮮な水がきちんと流れていました。

祓えどの大神様のご開運をお祈りしてから手・口を清め、拝殿に進みました。


境内に入っただけで、空気がとても澄んでいて、なのに緊張はなく、とても優しい感じがしました。何かとても喜ばれているような、温かい印象を受けました。


すでに夕焼けになろうかという時刻だったのですが、あたりがとても明るい気がしました。

階段を上がって正面に立たせていただくと、大きくて澄み渡った鏡がありました。
ああ、ご祭神は天照さまなんだなと思いました。

山田先生が、祈る時には目をしっかりあけて、お祈りするお相手を見つめるようにとおっしゃっていたので、見つめるわけですが、見えるのは鏡に写る自分の姿です。合掌した自分の手が、鏡の中から自分の方に向いているのをみて、なんともいえない気分になりました。

神々は自分の中にいらっしゃると、常に考えています。

自分の産土神社がそれを後押ししてくださるようで、嬉しかったです。

ご開運をお祈りし、これまでのご守護に感謝を申し上げました。
「長いことかかりましたが、ようやく帰ってきました。ただいま!」と声をかけましたら、自然と涙が出てきました。「おかえり、おかえり、よく来た、よく来た。」と、声が聞こえたような気がしました。


少し下がって、神社全体を見渡してみると、後に大きな木があることに気付き、ものすごく惹かれて、行ってみました。巨大なケヤキの木でした。

神社の裏手にも太い太いケヤキがあり、境内右手には途中から二股に分かれた銀杏の木がありました。この銀杏の木には注連縄がかけてあり、周囲におみくじを結ぶ縄が張ってありました。

すべての木にも石にもごあいさつをして、帰ってきました。

これが、懸案だった仕事が終わった当日の10月1日のことで、翌2日には主人と一緒におまいりに行きました。せっかくデジカメを持っていったのですが、いるだけで嬉しくなって舞い上がってしまい、撮影を忘れてしまいました。

改めて経歴を調べたところ、ずいぶん古くからあるようですが、いつからとは分からず、赤城明神を祭ったり、大黒様や弁天様を祭ったりしたあとで、時代の流れで明治のころ天照皇大神さまの神社となったそうです。(でも、私は子供の頃に初めて神話を読んだ時から天照さまが大好きでした。その理由が少し分かったきがしました。)

近くに大きな酒屋があるせいか、松尾様も祭ってあったし、本殿の左手奥にはお稲荷さんの祠もありました。

こうして訪ねることができて、本当によかったです。藤尾さんのおかげです。ありがとうございます。 

驚くほど上手にお参りされていますね。「よくきた、よくきた」と声がしたような気がするって、
なんか、ほんとにそういう風に神さまが語りかけたんじゃないかなって、思いました。

目を開けてしっかりお祈りするのって、ほんとに効果的なんですよ。

はじめは抵抗あるかも知れませんが、やってみてくださいね。

                                                 ふじおより

20.産土神社・鎮守神社にお参りされた 千葉市にお住まいのS・Sさん(男性)の体験談

【香取神社】鎮守の大神さまのお参り 

台風が近づいており、足を運ぶべきか少し考える。
午後の小雨のタイミングを見計らい、いざ香取神社へ。

神社は自転車で5分ぐらいのところにあり、あっという間に到着。
よくよく考えていると10年以上前に、この近くに住んでいたことに気づく。

香取神社は決して大きくはないが歴史を感じさせる。
神社の横には民家ではあるが神社を管理している社務所?のような家があり、
恐らく、こちらに神主さんがいる様子だった。

樹木は思ったよりも少なかったが、周囲の民家にあたたかく見守られているような、そんな気がした。
御神体を見ることはできなかったが、お参りをした後は、清々しい気分になれた。
今度は晴れた日に来ようと思う。



【大宮神社】産土さまのお参り 

既に台風は関東沿岸へ向かいつつあり、暴風域からは遠ざかっているものの
午前中は強風が続く。しばらくネットでウェザーニュースとにらめっこ。
お昼を過ぎた時点で、決断。やれるところまでやってみよう。

大宮神社は千葉市若葉区の千城台の更に先にあり駅から見て北東に位置する。
千城台駅は千葉モノレールの終点ということもあり、そこから先は地図で見る限り
では何も無いという感じだ。
当然、千城台駅から出るバスの本数も少ないのだが、
たまたま運良く待ち時間も無く乗ることができた。
バスでは運転手さんがとても丁寧な運転で安心することができた。

いざ、バス亭を降りると、そこには田園地帯が広がっていた。
雨は止んでいたものの強い風の中(ボクは一瞬)果たしてたどり着けるだろうか?と思った。
それでも、ここまで来たのだから、あきらめるわけにはいかない!
と強い気持ちで一歩一歩前に進んだ。

ボクは右手に鹿島川を見ながら田園地帯の中を黙々と歩き続けた。
30分以上歩きつづけるとボクは道がわからなくなった。。

地図上での自分の位置はわかっているのだが、
神社に行くまでの細かい道は地図上では載っていなので、ここからは直感で行くしかなかった。

しばらく直感で歩くと強い風が吹いた。
まるで、「神社はその方向ではありません!」と言っているかのようだった。
それに従い逆方向へ歩くと、風は弱くなった。

更に先へ進むと細い道路に出て、そこから道路沿いを歩こうとすると、また強い風が吹いた。
逆方向に歩きだすと風は弱くなった。

この繰り返しを何回か続け、もう駄目かな?と思ったその時、大宮神社が目に入った。

凄く強い風の中だったけれど、辿りつけてボクはとても嬉しかった。
もしかすると、あの強い風は神様が導いてくれたのかもしれない!そうボクは思えた。

神社は思ったより小さかったが泉地区の文化財にもなっているとのこと。
お賽銭箱が無いので、代わりにお米が奉納してあり地域から大事にされている気がした。

産土参りの後のボクは達成感でいっぱいだった。

帰り道、雲と雲の間からお日さま(天照大神さま)がまるで微笑んでいるかのように見えた。
そう、「それで、いいのです」と語りかけるような、優しい光が素晴らしく、とても美しく見えた。
ボクはまた、嬉しくなった。

産土さまに感謝!天照大神さまに感謝!
今度は、素晴らしい天気の日に足を運ぼうと思う。

19.産土神社・鎮守神社にお参りされた K・Yさま(神奈川県)の体験談

リサーチ結果ありがとうございます。

先に頂いた私、娘、弟のものはすべてお参りしてきました。

特に塚本神社は、私は塚本には2歳までしか住んでおらず、その後父の転勤で中野で育ったので、塚本の記憶はまったくありません。

でも、神社に行くと涙が出てくるくらい感慨深いものがありました。

お参り後、もうないかも、と思いながら、私が住んでいた駅前住宅を探しに行くと、、築40年以上経つのに、ぼろぼろながらまだ存在していたのでまた感動!

私が両親や祖母に抱かれている赤ちゃんの時の写真に移っていたものと同じ廊下の手すりなどを眺めながら、独り41年のタイムスリップをしていました。

1階がパン家さんだったのでそこでコーヒーを飲み一休み。
両親へもパンをお土産に買って帰りました。

神社リサーチをして頂かなければ、私は一生、私の故郷”塚本”へは帰ることはなかったかもしれません。 感謝しています。

塚本神社でお札とお守りを頂くとき、お話を伺ったらお祭りしている神様はスサノオの命、そして大元は八坂神社と聞きました。

私は京都の大学に通っていたのですが、数ある神社、お寺の中で八坂神社が大好きで、よくその近辺をうろうろ(当時はきちんとお参りはしていなかったかもしれません。。。)していたのは、自分の神様がいるところだったから!と妙に納得。

そして、もしや、、、まさか、、、とは思っていたのですが、今日、頂いた結果で社長の産土神社が八坂神社と知って、腰が抜けそうになりました。

社長と出合ってまだ3年半ですが、最初に面接でお会いした時から「この方と一緒に働きたい」と思いました。
社長も、実は私のポジションにはすでにある人が内定していたそうですが、人材会社から私の紹介があった時、「会うだけあっとこか。」と思い、面接してなんとなく私のほうに決めて、内定していた人を断った、と後になって聞きました。

不思議なものですね。

父の産土神社である生国魂神社は、高校生の時に大阪の町を調べる宿題があって、その界隈を歩いたのですが、この神社がとても印象に残っていて、先日、大阪へ行き塚本神社をお参りした時に生国魂神社にもなぜか突然お参りしたくなったのですが、時間の都合で諦めました。

でも次回大阪に行った時は必ず行こうと思っていたのです。。。

今回、調べていただいた神社へも早めにお参りしたいと思っています。

藤尾さんとのご縁に本当に感謝しています。
今後もどうぞよろしくお願いいたします!

塚本神社は、わたしが産土さまと出会ったときに、自宅の鎮守神社になってくださった、
とっても思い入れの深い神社です。

ほんとに大好きな神社で、日に日に通っては、開運した報告をした神社です。

Kさんも関東にお住まいの方なのに、たまたま生まれた場所が塚本の近くでしたので、
懐かしいなぁと思いながらリサーチさせて頂きました。

私はそのことを、Kさんにはあえて申してなかったのに、過去のHPの記事を検索で見つけられて
「藤尾さんも塚本神社だったんですね!」ってメールが来たので、こっちがびっくりしました(笑)

社長の八坂つながりの話も、ほんとおもしろいですよね。

こうやって、どんどん産土の世界にみな引き込まれていきます・・・(笑)

                                     ふじお

18.産土神社・鎮守神社にお参りされた H・Sさま(愛知県)の体験談


こんにちは!神社リサーチメールありがとうございました。

楽しみに楽しみに待っておりました。

・・・・ショック!!鎮守・産土神社の六所社は私が通っていた
高校の真正面の神社でした。

もっともっと早くに知っていたら毎日お参りできたのにぃ〜〜。
3年も素通りしてて本当にゴメンナサイ!

高校時代の無礼をおわびすべくじゃんじゃん六所社に通いたいと思います。

当時同級生だったお友達のけいこちゃんが六所社のご近所に住んでいて、
「ここの神社は私の願い事をかなえてくれるんだよ〜 
守ってくれてる神社って感じなんだわね」と言っていました。

「ふ〜んいいねえ そういう神社があって。私にもそんな神社があったらなあ」と
当時はなんにも気にとめることなく、むしろそんなの偶然だよといった
半信半疑な気持ちもあってさらりと答えていたように覚えています。


思えばけいこちゃんの言葉は産土様からのとても
重要なメッセージだったのかもしれません。ショック!!!

どうしてそのとき私もお参りいきたい〜って言わなかったのだろう!もったいない!


リサーチ中も、
「私にもあの時けいこちゃんに聞いた神社みたいな神さまを教えてもらえるんだなあ」と
ぼんやり思い起こしていたのです。なんとも不思議な感じです。

ぼんやりしていた何かのピントがカメラのように突然画像がクリアになった感じです。


けいこちゃんの産土様も六所社なのでしょうか。
けいこちゃんとは同じ神様で繋がって仲良くなったのかなあ。なんだかとても懐かしいです。


ありがとうございました。

おもしろいですよね。産土さまと出会うチャンスが今までにもあったけど、その時には
出会えていないのです。

すべてその人にぴったりのタイミングにやってくるんですね。
だから、今、H・Sさまに必要なタイミング(ありがたいと本当に思える)だったのですね。

けいこちゃんも、もしかしたら六所社が産土神社なのかも知れませんね。でもきっと
知らずにお参りしているでしょうけど。

                                     ふじお

17.職場の鎮守神社にお参りされた H・Mさま(神奈川県)の体験談

実は新宿の事務所の鎮守神社、ずっと行けてなくて
つい先日ようやくお参りに行ってきました。

ありえないことに予約がドタキャンされてしまって
(診断のドタキャンなんて6年仕事やってて初めてよ、ホント。)
で、あぁこれは呼ばれたのかな〜?と反省しつつ(笑)お参りに。

行ったら、とてもキレイな神社で気持ちよかったですよ〜。

あんまり風が吹いてなくて暑かったんだけど
しっかりしっかりお参りして最後の二礼二拍手一礼をした、
そのまさに一礼が終った瞬間に、背後からものすごい勢いで突風が吹きました。

なんか竜が後ろから飛んできたような感じで。おお、キタ〜!みたいな。(笑)

その後は、優しい心地よい風が吹いて、出口の鳥居付近まで来た所で
ピタリと風がやみましたよ。

私の実感としては、風の吹き方で神様の気配を感じる気がしてますが、
みんなもそうなのかな?

神奈川の事務所の鎮守神社にお参りした時は、お参りを始めた途端
風が吹き始めて重い木のついたてがカタカタカタカタ揺れて
お祈りが終ると揺れがおさまった、ということもあったり。

う〜ん、神秘ですね〜。

こういうふうに、風が吹いたり、雨が降ったり、チョウチョが飛んできたり、いい香りがしてきたり・・・・

など、人間がわかるように、いろいろと神さまも合図を出してくださっているのだそうですよ!

ふじおより。

16.産土神社にお参りされた みいこさま(神奈川県)の体験談

答えは産土神社にあった

5月に鎌倉の銭洗弁天、8月に江島神社と導かれるように巳の日にお参りに行きました。

何かあるな・・・と思っていたんですよね。
すべて弁天様で同じ神様ですからね。
放っておいても答えは必ず返ってくるだろうと思っていました。

7月の末位に私の産土神社のリサーチをお願いしていました。

あのスピリチュアルな江原さんも有名な神社に行く前に「最初に行くべき神社」
だと言っています。

そして今週その産土神社がわかりました。
やっぱり弁天様でした。

早速、今日行って来ました。

家からそう遠くない場所で何度も近くを通っていました。
とっても神秘的な場所なんですよね。歴史的にも有名でネットで検索すると
沢山出てくる。

子供の時から”行きたいけど行ってはいけない場所なのかな?”と
思っていた場所でした。神社だとは知りませんでした。
そんな場所です。

鎌倉の銭洗弁天は子供の時から好きな場所でした。昔風な雰囲気がとても好きなんですよね。

江島神社は箱根神社がらみで導かれて行きましたけど、ここも好きな場所に
なりました。

箱根神社は弁天様じゃないけど湖のほとりの神社で水が関係するから
何かあるのかな。

でも開運を初めてから本当に不思議な事が多くなった。

シンクロもよくあるし直感のまま進んで行こう。

15.うぶすな開運コンサルテーション後、産土神社に21日連続参拝されたT・Tさま(女性)の体験談

 

ご無沙汰しております。近況報告しますね。

7月1日から21日間産土さまにお参りしました。
初日小雨だったので地下鉄で出掛けましたが、
激しい下痢に襲われ途中のトイレをはしごして、やっとたどりつきました。

同じ日に神棚一式も購入したのですが、帰りに局地的豪雨に合いました。 タクシーのワイパーが役に立たたず前が見えないほどでした。
何かが私を阻止しようとしていたのでしょうか。

それからは毎日自転車で朝の光と中之島のパラ園のさわやかな香りの中を通り抜けて通いましたが、行く道のあちこちにホームレスをみかけ、その多さに大阪の景気が気になりました。

露天神社…お初天神はお祈りしていると猫が本殿内でのびのびしている楽しいところです。

塩を四隅に置き、神棚を祀り、毎日参拝をしていると、家が明るくなり、好きではな
い掃除洗濯がしたくなるのは不思議です。

うちの猫がここ2年ほど中に入ろうとしなかった!寝室に入ってきて一緒に寝たりす
るので、明らかに家相が変わってきていると実感しています。

7日ごとに鎮守神社の天満宮に参り、一昨日は一の宮の坐摩神社に参りました。
天満宮はひとつひとつ参拝してみると、小さな社の多さに驚きました。

坐摩神社は夏祭りの宵宮で境内でせともの市をしていました。敷地内に陶器神社もあるんです。
陶器をコラージュした巨大な招き猫が門前に座り、菊人形のような陶器の皿で出来た陶器人形があり、手水のところに陶器のナメクジが這っていて…と、楽し〜く参拝しました。

旧盆に墓参に行かないかと姉を誘ったら姉が兄を誘ったので、兄弟全員で行く
ことになりました。

母方のお墓には全員初めての墓参となります。
すべてが少しづつ良い方向に変わっていくようでうれしいですね。


さて、良い事続きで今日良い知らせがありました。

ソフト粘土でお花などを作るのを習っていまして、7月上旬に課題の作品や写真を添えて講師検定を申請したのですが、先生から電話があり、本部から異例の速さで検定結果が届きオールAでしたとのこと♪

結果が×の人はいないらしいですが、オールAはなかなか無いらしいです。
このことに関して神様にお願いしてはいないのに、思いがけず素晴しいご褒美もらえ幸せです。

14.産土神社に初めてお参りされたY・Hさま(女性)の感想

リサーチ有難うございました。

そろそろかなぁっと帰りに思っていたところです。

シンクロですね!

ところで、予想通りでした。産土神社は八坂神社だと思っていたのです。
もうひとつ近くに神社がありますが、、

産院のそばでもあるんです。八坂神社は。

鎮守神社もそうだとは思いませんでしたが。。

思い返してみると、私が引きこもりをしていた時期があったのですが、
そのときに、八坂神社のお祭りがあって、母と出かけたときに、前を通ったので、お参りしたのでした。

その頃、丁度夏ですね。8月のはじめです。

太ってしまって、子供のようになってしまっていた私でしたが
(内面は、そうでもないのですが、表向き子供のようにしていた部分もあります)

何気なく、母とおまいりしたんですね。
「良くなりますように」と。

確か、そんなことを願った記憶があります。

そうしましたら、そうそう。
パソコン講習の申し込みが20倍くらいあったところを通ったのでした。
(市の講座)

それがきっかけで、パソコンが出来るようになり、10月くらいには
立ち直ったのでした。。

あぁ、やっぱり守ってくれていたのですね。納得・・・。

明日、何気にお休みを取ったので早速行ってみたいと思います。

13.埼玉県にお住まいのS・Sさま(女性)のうぶすな開運コンサルテーションの感想

金曜の東京でのうぶすな開運コンサルテーション、どうもありがとうございました。

2日間続けて何人もうぶすな開運コンサルテーションを行うというのは、好きでや
っていることとは言え、大変エネルギーを消耗するのではないかと推察致します。

それにしましても、今回は相談したいと思った内容全てを網羅して
いただきまして本当にありがとうございました。

いいことを言われたというのもありましたが(!?)、反面これか
らのこと等何に重点を置いていけばいいのかということを考えさせ
られる本当にいい機会となりました。

一度じっくりと今後自分がどういう方向に行きたいのかということ
を再度見つめてみたいと思います。


ところで早速ですが、今日、印鑑を新しく買いました。
三文判は三文判でも、ちょっとグレードの高い既成の印鑑をケース
と一緒に新調しました。

とりあえず、銀行等全ての手続きはすぐに変えられないですが、通常
使いではすぐ変えることが出来ますので、そうしたいと思います。

それにしても、今回は、印鑑もそうですが、授業が突如休講になった
りと本当に不思議でした。

こういうお仕事をされている藤尾さんは、本当に素晴らしいことを
されているなあと思いました。しかも、こういう仕事が本当に好きで
やっているとおっしゃられている。藤尾さんにお会いできただけでも
今回は行ってよかったと思えます。

繰り返しになりますが、いろいろ自分自身考えさせられることがあったと同時に、
今後の指針として得られるものがとても多くありました。

今後の自分の動き全体が、このうぶすな開運コンサルテーションを受けたのと受けない
とでは大分変わっていたのではないかと思います。

それと、父ですが、産土様のことがわかって以来、とても嬉しかったようで、
明日も筑波山に行ってくると申しております。

父母からも是非よろしく伝えておいてほしいとのことで、家族ともども
本当にありがとうございました。そして今後もよろしくお願い致します。

12.福岡県在住のM・Aさま(女性)の神社リサーチ後参拝の感想

郵送していただいた地図をみました。
ご指摘どおり もっと海側に海童神社ありました。
でも 私が住んでるところはA地区で
産土神社はB地区なんで ええええええ〜〜〜っ?

ほんまかいな?と思いながら 夕方買い物の帰りに遠回りして
大和干拓の方まで行って B地区の海童神社参拝してきました。

ほんとに小さい神社でした。
生まれて初めて参拝しました。

お参りしている時はほんとかな〜?と
お宮に向かって手を合わせて産土さまのご開運をお祈りしました。
そして仕事と結婚の決意と後押しを祈りました。
そのときは何も感じませんでした。

さて帰ろうかなと思い振り向くと 夕陽がきれいだったので
太陽拝をしようと桜の木の下で手を広げたら 両手がものすごくジンジンしはじめて
特に右手は手のひらに口が開いたような感じになり
ちょうど魚のひれのように 勝手に肘から下が振れるのです。

なんだかわけがわかりませんでしたが 結構気持ちよかったです。
ありがとうございますと10回くらい唱えたら収まりました。

この現象は何なのでしょうか?
産土様が 氏子の地区は違ってもここが きみの産土なのだよと
教えてくださったのでしょうか???

太陽のパワーでしょうか?

桜の木が御神木だったのでしょうか?

11.東京都でご主人と会社経営されているK・Sさま(女性)のうぶすな開運コンサルテーションの感想

初めてお会いしたのに、前から知ってたみたいに、お話もまだまだ話し足りない感じで・・・。

ご一緒に神社参りができて嬉しかったし、プロデュースは、状況や数字などから予測的に回答を導き出す普通のと違って、神様からのお答えと思うと、ありがたみが格段に違い、藤尾さんにお願いして本当に良かったと思いましたよ。


私の会社は、顧問の弁護士さん、税理士さんとも、女性ですごーーく有能な方たちです。

私は、そういう人脈を探り当てるのが上手!!?なのです。
(食神がついていて、食べ物に恵まれるみたいに、人にも恵まれる!?)

プロデュースにも良い人を得た感じで嬉しいです。

私ももう少し頑張って、実業家として成長したいと思いますので、藤尾さんもご一緒
に頑張りましょうね。

藤尾さんが顧問をしている人は、皆、優良企業家になる、って言われるように
なれたらいいですね。そうなるように私も頑張るぞ!


易神様のおっしゃる事も嬉しかった。それを導き出した藤尾さんにも感動!

私自身に関しては、少しずついやな事が解決しつつあり、新分野の大きな仕事もなんとか希望がもてる状態になり、頑張ってやっていこう、という気持ちが出てきました。

ん千万円位の、初めての受注につながるのでは、という状況です。これが成功すると、次の仕事にもつながるような力のあるクライアントなので、なんとか成功させたいものです。

藤尾さんのおかげだと思います。お話しやすく、温かいお話し振りで、その下さった
回答を生かして、どう私が実行するか、ここからが私の力が試されるところですね。

そして、全てを私一人で抱え込むことなく、人も上手に使おうとも思います。

10.神戸市にお住まいのI・Kさま(女性)の鎮守神社参拝の感想

さて、最初に鎮守神社へ行って来ました。
神戸市西区天王山にある大歳神社です。

山の上、それも住宅街にあり、ひっそりと建っていました。
見晴らしが良く、私の家のある方まで見渡せる
景色の良い場所に、大歳神社はあります。

家で三位一体の祈り詩を読んでいたら足を組んでいる訳でもないし、
しびれる体整を取っている訳でもなく、両足がジンジンとしてきました。
大歳神社に行き、「ありがとうございます」と、心の中で言うと、
両下腿部分がジンジンと、足底部分がホコホコとしてきました。

木々が風にそよそよと吹かれる音と、大歳神社の屋根の木が少し割れるような音を感じ。。。
誰も来なかったので、長々とお祈りいたしました。

もちろん、今、この場所で平和に暮らせている事、
この街に引っ越してきて良い仕事に巡り合えた事を含め全てにおいて感謝してきました。

感謝の言葉を心で言った後、境内を見渡しました。
私は立派な境内より、小ぢんまりとしている神社の方が
好きだなぁと言うのを、直感で思いました。

入り口を見つけたとき、神社を見た時、なぜか?ビビビッときました^^。
「素敵な神社^^」と。。。(笑)←こんな事思ってるとは・・

清々しい気持ちで階段を降り、車にのりました。
心が少し晴れたような気持ちになったのは言うまでもありません。
時間がある限り、近所だからお参りに行こうと思いました^^

私は落ち込む時は落ち込みますが、
ある程度落ち込んだら前向きな姿勢で前進あるのみと思って
気持ちを切り替えています。
そう言う時期に行けた事が、すごく良かったんだと思いました。

また、今日は少し寒くて冷え性の私が足元まで冷え切っていたのに
感謝の言葉を言っている間、神社では足元、足底がホカホカとしたのは本当の事であり目に見えない何かに支えられて生きているのだなぁと言う確信が出来ました。

ご先祖様を大切に、、、本当にそうですね。
私の尊敬する人は祖父なので。。。
お墓も、人の心も、全てにおいて大切にしなければなりませんね。

神社を調べて頂いてありがとうございます。
前進して行けるだけの、私の力の源になりました^^

9.東京プロデュースの感想 町田市在住のT・Eさま(女性)

先日は大変興味深かったです

あの後早速かなりのご利益がありましたよ
その前に、私の産土神社である白金氷川神社の境内は
そこだけ空気が全然違ってました!

鞍馬と同じようにずっとそこに佇んで居たいほど、
気持ちよく清々しく、神聖な感じでした。
また行きたいと思っています。

その帰り新宿で買い物などをし、いざ電車の改札まで行くと
人身事故のためダイヤが乱れているとの事でしたが、来た電車に乗ると、そのおかげで乗り換えなしで私の降りる駅まで座れました(第1のご利益)

先週は月火水続けて仕事だったのですが、いずれも2組ずつキャッチでき、しかも楽しく仕事ができるお客様でした。
今お付き合いしている人でなかなかお店に来たがらない彼が
仲間を連れて来たり、藤尾さんにお会いした晩、正確には12日早朝
ですが、例の彼とも電話で話ができたし。

極めつけは、なくし物が突然出てきたことです!
物については説明しずらいので省きますが、昨年夏以来あきらめていて、修理に出せばいいのにずっとほったらかしにしていて、見つかった場所と言うのがほとんど毎日のように見ていた場所なのです。
車の中だったんだけど、水曜日にその場所に忽然と姿を現したのです!アラ、不思議!

そうそう、参拝したときおみくじ引いたんだけど、壊れてて出てこなかったので、社務所に言ったら出してくれたんだけど、その内容が、藤尾さんと会話した内容とほぼ同じことや、私が感じたことばっかりだったのにはまたまた!!!

長くなり、またまとまりなくてゴメンナサイ。
これからもよろしくお願いします。


8.神奈川県にお住まいのS・Hさま(男性)の産土神社参拝の感想

先日、産土神社に初めて行って来ました。

枚岡神社自体は私が物心つく前に一度来たことがあると父がいっていました。

何より、幼いころからいつも見ていた生駒山が神様そのもののような気がして、
『神社自体ははじめてのような気がするが、小さい頃からずっと見守られていたんだ』と改めて感心・感動しました。(すかさず御札を買って帰り、神棚にかざりました。)

それから、箱根神社に行ってきました。
関東総鎮守様で、これから大々的に新事業を展開するので、
その前に、と思い家族旅行を兼ねて行って来ました。

当日は天気予報では雨だったのですが、雲ひとつない晴天で、
特に山頂の元宮?にロープウェーで上がった時はまさに天上界といった風景でした。

あまりのすばらしさに、願い事も忘れて、ただただ感動しました。
(その成果かどうか、昨日新事業でのはじめての受注が決まりました!!ヤッホー!!)

ということで、これからまだまだいろんな展開をしていくので、
後ろ盾が出来たようで心強く思っています。

このような素敵な神縁ができるきっかけを下さった藤尾さんにまたまた感謝です。
ありがとうございました。

7.岐阜県にお住まいのT・Tさま(男性)の産土神社参拝の感想

場所ははっきりとわかりませんでしたが、今朝、愛犬を連れて導かれるままに
進んでみようと思い、愛犬にちょっと身を任せて導いてくれ!と連れていってもらいました。

なんと、産土神社にちゃんと到着できたのです。
行く道、行く道、進みながら産土様、どこですか?
と問いながら、山を見ながらずっと進んでみたんです。

その時、すーっと引かれるようにそこまでいきました。

そして、初めて会う産土様の前に立ち、鳥居の前で一礼し、そして祓え詞といままで
気づかずにいたことのお詫びと今まで守護してくださっていたことの御礼を伝え、
今の状況も産土様に伝えてきました。

そして、産土様のご開運をお祈りしてきました。

その後も拝殿の前で鳥居の方を向いて、それから足が進まなかったのです。
何度も何度も振り返って、産土様の社を振り返り、そしたらやっと足が動きました。
そして鳥居を抜けてからも一礼し、また明日きますと報告しました。

ちゃんと鳥居も拝殿も、本殿もありました。
賽銭箱もちゃんとありました。

最初に感じたのは、寂れてしまっている、さびしそうな感じがしました。
隣には小さな公園があって、鉄棒などがあり、そこにも帰り足を運んでみましたが、
誰かが楽しく遊んでいるといった陽気がなく、冷たく感じました。
きっと産土様も寂しかっただろうなぁと思いました。

拝殿と本殿の間は落ち葉で一杯で掃除がしてある気配もなし。
私が勝手に入り、掃除するのも無礼かと思いましたが、綺麗にしておきたいと心残り
に今日は戻ってきました。

また御供えもないし、榊なども御供えしていない、本当に誰も面倒みていないなぁと
感じました。
近所の方に聞いたら、夏に御祭りがあるけど、その時しか面倒みてないからといわれました。

しかし、今日はこうして産土神社と状態が知れたこと、そして、産土様にお顔見せら
れたこと、お会いできたことだけでも本当によかったと思います。

また、自分自身の魂の歴史がなんとなくわかりました。
そして、産土神社と自分との関係も先祖のことを調べてみるとやはり繋がっています。

本当に不思議でしたが、今まで神社に参拝した時と違う、包まれるという感じを初めて体験しましたよ。
帰りの道も、ずっと肩甲骨の裏が暖かいのです。
そして、後ろで見守ってくださっているぬくもりも感じるのです。

行くときには、だんだんわくわくの状態でしたが、帰りはぬくもりに包まれていると
いう感じの中で帰りました。

先生の報告を頂いてから今までの歴史や自分自身のルーツがはっきりしてきま
したよ。
全然私も私の土地も知らない先生がこうして導かれるとは本当に素晴らしいという
か、感謝の気持ちしか出てきません。

産土神社は隠れキリシタンの信仰のあった神社で、キリシタンの姿が刻まれた灯篭がありました。

私の父方の祖父の先祖がキリシタンです。
私は父方の祖父に性格も体格も似ていて、よく祖父に似ていると思います。
父方の祖父のルーツには、オランダ人の曾祖母がおります。
私が語学や、ヨーロッパの方との交流が自然とあるのも、これもこうした導きかもしれません。


春日神社はこうした隠れキリシタンが信仰した神社でもありました。
私は父方の祖父の縁が強いようですね。
父方の祖父は婿養子に入っています。
今の苗字は父方の祖母の苗字です。

この町には遠い親戚を含めると一杯なので、自分がどのルーツなのかもよくわかってきます。

こうした産土神社参拝と産土さまにお会いできた一日目の報告です。
たった1日で、これだけの自分の魂のルーツを知ることができました。

そして、今日、生まれて初めて産土さまにお顔を見せることができました。

6.兵庫県西宮市にお住まいのH・Sさま(女性)の産土神社参拝の感想

こんにちは。
リサーチしていただいてから、すぐに自宅の鎮守神社(岡太神社)と
職場の鎮守神社(鳴尾八幡神社)へ参拝しました。どちらも歴史の古い神社でした。

岡太神社のご祭神は「天御中主命」で、摂社に「恵比須宮」がありました。
恵比須で、産土の西宮神社とつながりがあるんでしょうか?

鳴尾八幡神社では、神主さんらしき方に話しかけられ、色々とお話をしていただけました。
神道で大事なのは「清く、明るく生きることだよ」とか、日々の生き方についてです。

その方は、京都の神社にも長くいらしたようで、
その神社には、ノーベル賞をとった湯川さんが雨の日も雪の日も、毎日お参りされてたそうです。

先日テレビで、「神の手」と言われている成功率90%以上を誇る外科医の先生の特集がありましたが、この先生のお父様が明治神宮の神主さんで、先生自身が明治神宮で生まれたそうです。

今でもアメリカで毎日、明治神宮の神様にお祈りしているそうで
手術中にも「神様ありがとう!」と言っておられました。
手術も神業で、年間何百もの手術して、たくさんの人を助けています。
これぞ産土!って思いました。


話はそれましたが、昨日、主人とも神社参りへ行きました。

まず、主人の自宅の鎮守神社(廣田神社)へ。
主人は初めてだったようで、立派な神社に驚いていました。
そしてお札をいただいて、一緒に参拝しました。
帰りに神社の掲示板に貼ってあったお知らせに「毎週金曜の夜、阿波踊りがあります」

というものがあり、徳島出身の彼との妙なつながりに驚きました。
主人は近くから産土の大神さまのいます甲山を仰ぎ、とても親近感が湧いたようで、今朝も出かけるとき、玄関を開けて甲山をじっと見ていました。その調子!

続いて、私の産土神社(西宮神社)へ行きました。
主人は、夕方から仕事があったのですが、
「まだ時間があるからオレも行く」と一緒に来てくれました。
私も産土神社とわかってから初めての参拝です。
お詫びして、お参りしました。
すると、なんだかすごくヤル気が湧いてきて、
「今日から産土、鎮守、職場の鎮守神社」と3ヶ所を21日間参拝したいと思いました。

自転車で毎日2時間かけて周ることになります。
自転車で周れる距離にあるだけ、ラッキーだと思います。

そして、帰りに職場の鎮守神社(鳴尾八幡神社)と自宅鎮守神社(岡太神社)へも参拝しました。

そうしたら、今朝、上司から私の給料UPのお話が。
こんなことってあります〜?
21日連続参拝を1日しただけで!
世の中に偶然はない、と思っているのでこの即効性に驚きです。
今から、お礼のお参りに行ってきます。
3日坊主の私ですが、21日間、がんばります。
また何かありましたら連絡しますね。

5.東京都杉並区にお住まいのK・Sさま(女性)の産土神社参拝の感想


4月ごろに伺おうかと思っていた産土様、もう待てずに、土曜日に新幹線
に飛び乗り、焼津に。

那閉神社様の拝殿に立ち祝詞を、そして、横に回ったら、
となりがお寺で虚空蔵菩薩様をお祭りしていたのです。

そこでも祝詞を、そして、虚空蔵さんのお山の中腹まで上がり、
少し平らになった場所で、今までの感謝と
お詫びを述べてから、そこでも祝詞をあげました。

もう一度戻って那閉神社様の一番鳥居から眺めると、本当に拝殿の後ろがまさに
虚空蔵さんの小山というか、森というかがせまっているのです。

多分大昔から土地の人々が確かな事はわからないながら、
聖地としてうやまっていたんだろうなあ、と思わせる感じでした。


弘法大師さんが、菩薩像をそのお寺に納めた、それは聖徳太子様のものだった?とかいろいろあるらしいのですが、こくぞうさん自体が、はるか昔 海のほうからやっていらっしゃってお山に納まった神様か、とか土地の人でもよくは分からないようです。

でも、例祭がなんと2月23日だとタクシーの運転手さんが言っていました。その前
にお参りできて良かったですね、とも・・・。


実は、今日2月20日が亡き母の祥月命日だったので、なんとしても産土様にお礼
を言おう、そこで父母にも感謝をしようと考えていましたので、私の気持ちが全てすっきり納まった感じです。

父母とも、わたしが言うのも変ですが、とっても良い人達でした。虚空蔵さんの大神
さまのところでも、いろいろ昔のお話をしてきました。

お山から海がとってもきれいに見える場所でした。


本日は、高尾の山に眠る母の墓参をして、焼津に行って来たこと、祖父母と父母に
感謝している事など、いろいろ話してきました。

いろいろ私の周囲でも偶然とは思えないような事があります。

今回、藤尾さんにこのタイミングで産土様を教えていただけたのも、
おかげさまが引き合わせてくれたものと、藤尾さんに、そしてすべての私を
支えて下さっている方々にも、感謝をしています。

4.神奈川県逗子市にお住まいのS・Hさま(男性)の神社リサーチの感想

リサーチありがとうございました。
事前に山田先生の書籍を読ませていただいておりましたので、結果に対しては(自分の予想とも合っていたので) 『やっぱりそうであったか。』と得心いたしました。

今後は、これらの神社の神様とのご縁を大切にしながら 進んでゆきたいと思います。

以前、ご先祖探索(戸籍や過去帳による探索とお墓探し)をやったことがあり、親族の誰も知らなかったご先祖さまや、お墓を発見したりして様々な方法で供養をしたことがありました。

(その結果、最近では、お墓に光の柱が立つようになり、それにあわせて、私のところにも長男が生まれるなど様々幸せごとが起こっておりました。)

そういったことがあったので、今回、産土様や鎮守様とのご縁を確認するということは私にとっては『神仏とのご縁がそろう』という意味で私の人生にとって非常に非常に重要な意味を持つことになろうと思っていました。

今回の結果にも現れていますが、単に自分や家族だけの幸せやご利益だけでなく、この国やもっと多くの方の幸せに貢献して欲しいという期待、確かに受け取りました。

今回のレポートを一つの大きな契機として、また一段とパワーアップできると思います。
(それ程のすごい力のあるレポートを)本当にありがとうございました。


それから早速、職場の鎮守様の所へ行ってきました。
神社は、鎌倉幕府の忠臣の方が開いた神社との事でした。
私の鎮守様が鶴岡八幡宮ですから 鎌倉幕府つながりということになりますね。


私が現在肉体的には何の縁もない鎌倉近辺に住んでいるのか?ということに関しては前世の影響が強いと思っていましたが、神様との縁も非常に強い、ということですね。

(そういえば、源氏そのものには縁があるらしく、夢の中でのお誘いに従って、木曾義仲やその一族のお墓まいりをしに信州木曾福島まで実際に旅行に出かけたこともありました。)


職場の鎮守様とは、現世では初めてお会いしたので、若干違和感(私の体をくるくる回転させる力を感じた)を覚えましたが、まあ初回ということで『まあ、いいか。これからもよろしくお願いします。』 といって帰ってきました。

帰り道で気付いたのですが、その神社からは、私の職場のビルがとてもきれいに見えており、これまでも見守っていてくれたということがわかりました。(感謝)

明日は、家の鎮守様である、鶴岡八幡宮に家族で出かけることにしました。
実は、毎月定期的に鶴岡八幡宮のすぐ横のカイロプラクティックの先生にメディカルチェックをお願いしているのですが、これまでは参道を通るだけで、お参りをしていませんでした。

子供の宮参りや七五三でお世話にはなっているのですが、あまり意識してこなかったので、これまでの非礼をお詫びしつつ、もう一度きちっとご挨拶してこようと思っています。

産土様は大阪なので当面行く機会がないのですが、うまく仕事を抜け出しておまいりに行きたいと思っています。

長々と書きましたが、またいろんな発見があったらレポートさせていただきたいと思います。

3.石川県在住のS・Aさま(女性)からの神社リサーチ後の体験談

産土さまに参拝後、お付き合いしている彼の家族と食事に行く話が決まった女性の体験談

産土様・鎮守様、ともに藤塚神社なのに、そこにお祭りされている神さまではないとはこれ如何に?、などと思いながら出かけました。

クルマで10分とかからないご近所なのですが、住宅地の中に埋もれるようにある 今まで存在すら知らなかった神社でした

お正月後もあってか お掃除も行き届き、お手水が勢いよく噴き出してる とっても明るい暖かい空間でそこには、「大山咋・天照・大己貴」の三体の大神様、同じ敷地内に別棟の琴平さまがお祭りしてありましたが、手取川との関連を示すものはありませんでした。

まず、藤塚神社の大神様に、ご挨拶とお礼を申し上げ、

次に手取川にいます産土の大神様、

と心の中で呼びかけると、手胸に感じていたあたたかさが
熱いビリビリに変わり 「ちゃんと聞いてくださってるんだ」という実感がわき嬉しくなりました!

ごあいさつの途中ゝで 大神様のお名前で呼びかけるたび、ビリビリッときてました

神さまもお名前で呼ばれるほうが嬉しいのでしょうか(*^_^*)
   

その日は小雪がちらつき、くもりがちでしたが、最中にはきれいに陽が射して、気持ちよくお参りできました。

その後、体に活力が戻り、怠け癖も少し治ったかも えへへ(^・^)  イライラすることも減りました。

お付き合いしている彼の家族と食事に行く話もとつぜん持ち上がりました。

やはり 大神様が後押ししてくださったのだと思います。
だって信じられないほどの出不精で仕事しかしない人なのです!!!!


感謝の気持ちを持ってこれからもお参り続けます。
教えていただいたことがんばって実行してゆきますね

2.東京プロデュースを受けたM・Sさま(女性)から頂いた感想

東京出張プロデュース後、導かれるように一の宮の氷川神社に参拝された方の感想

28日のうぶすな開運コンサルテーションありがとうございました。

受けてよかった、とってもうれしいです。

帰りに天命のことをいろいろ考えていたら乗り過ごしてしまって大宮まで行ってしまいました。(埼京線だったのです)

そうそう。私が大宮の氷川神社に行った話が話題になったんですよね。

せっかくなので氷川神社へ参拝してきました。
藤尾さんの話していた門客人神社も参拝してきました。
プロデュースで神社参拝法にあった「一の宮参拝」がさっそくできて良かったです。(笑)

これはきっと、神さまからのご招待ですね。よかったですね。
一の宮の大神さまにわが産土神社と鎮守神社のご開運を、お願いしておきましたか?

家に帰って鬼門の部屋をみて、そうじしよう、整理整頓しよう、自分の部屋も・・・と思いました。
藤尾さんがおっしゃっていたトイレの上の位置にはベッドを置かないようにとのことなので、家の外から確認してみたら、今はパソコンが置いてある場所でした。

風水の堀先生によると、水場の上で寝ると、体が冷えるとのことでした。

実は10月に新しいベッドを買いまして、部屋の模様替えとしてベッドの場所を今のパソコンのところに変えようと思っていたところだったんです。

藤尾さんのアドバイスで助かりました。ありがとうございます。


神棚についてはとても気になったので、確認して後日、メールしようと思います。
多分このことについては『電話のうぶすな開運コンサルテーション』を申し込むことになると思います。


明日からはそうじや日拝や、できることから少しづつ行動していこうと思います。
本当にどうもありがとうございました。

これから冬になります、お体に気をつけてください。

1.うぶすな開運コンサルテーションを受けられたS・Hさま(女性)のお便り

離婚後に持ち家でもめていたのが、うぶすな開運コンサルテーション後、劇的に解決し、内装を改装する業者もスムーズに決まったという体験談

藤尾様、先日はありがとうございました。
この2日で劇的な動きがありまして・・・

金曜日の帰り道、役所より11月中に引越しの強行突破をしていいと、OKがでました。

また、引越しが12月1日になったということ。

方位を調べると12月6日までに引っ越すのが一番良かったのです

また完成当時から一軒家の内装で気になるところがあり、いじるなら、この際荷物を入れる前に・・と思い、 たまたま、近くにあったすごく個性的な個人工務店に言ってみようと、ふと、ひらめき、 唐突に夜分にもかかわらず押しかけたんです。

こういうひらめきは、神仏(一霊四魂)からのメッセージの事もありますので、大切にしてください

すると、そこは、雑誌にも取り上げられるほど、ひっぱりだこの業者で、自然素材を手作りで提供する工務店で、予算も膨大にあこぎでもなく、ほとんど棟梁さんの趣味の域がうわまわっている工務店だったのです。

そして、スケジュールいっぱいにもかかわらず、ご夫婦そろって、私の妙な積極性を受け入れてくださって、急きょ、施工にかかるという段取りをしてくださったんです!!

Hさんの素晴らしい行動力と熱意に、心打たれたんでしょうね。人をも動かしましたね!

キッチンの工事、室内のドアから棚まで、自然木材でおしゃれにつっくてくださるとの事なんです!

 って、なんか、自慢話みたいですね。

そうそう。体験談を話すと、何だか自慢話みたいになっちゃいますよね!でも事実なんです。

あまりにもトントン拍子すぎて、不安もよぎるのですが、ですが、これって・・・産土の大神さま、鎮守の大神さまの後押し、ご守護のおかげ以外の何者でもないな〜と、ものすごく感慨深くて、とっても、ありがたいやら、何やら、ほんとに、この波にのっていいのかな〜って、多少動揺もしています。

うまい話にのるというのでなく、もちろんサニワする必要はありますが神仏の後押しを受けるときは、すごいスピードで状況が変わっていきます。
 この波に乗るか乗らないかが、また開運するかしないかの、分かれ道になったりします。

ですが、素直にとっても、ありがたし、ありがたしです。

 

開運の専門家・藤尾美友です

いろんなスキルを駆使して天命に導きます。

特に見えない世界の縁結びで基礎工事をして、天命の建物の設計や施工を手がけます。

藤尾美友プロフィール

読み物

「産土さま」を味方につけて開運しよう!

隔週発行!
yahooアドレスやhotmailのアドレスには届かない可能性が高いので、それ以外のアドレスで登録お願いします。

読者登録
解  除
 
メールアドレス
お 名 前


バックナンバーはこちら

 

会社を上向きにする「神社参り」のすすめ

おすすめサイトリンク集
おすすめ(神社関係)
おすすめ(お友達)
おすすめ(素材)
相互リンク

会社概要

特定商取引に基づく表記
個人情報のお取り扱い・セキュリティポリシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製 作  :開運研究所 ILU(エル) 
        開運の専門家  藤尾美友(ふじおみゆう)



お問い合わせメール

メールが不達になることが多いので、電話でのお問い合わせもお受けします

まほろば研究会 開運カウンセラー協会

平成17年2月 神仏ご開運インストラクター奥伝認定
平成17年10月 神道フーチ中伝クラス修了
平成20年10月上級開運カウンセラークラス認定

平成19年 米国NLP協会認定NLPプラクティショナー認定
平成21年 ピークパフォーマンス認定コーチ (PCC)認定

個性心理學研究所認定講師証明書

このサイトの開運の効果については個人の体験談ですので、個人差があります。
また神社にお参りするつもりのない方、自分で行動・努力をするつもりのない方の
神社リサーチ・開運コンサルテーションはお断りさせて頂きます。
本サイト内の内容の無断複製・転写を禁じます
Copyright(C)2003-2011 Kaiun_kenkyusho_ILU All rights reserved.