来年の立春初詣は、天孫降臨の地

高千穂に参りませんか?

 

古事記では天照大神の孫であるニニギノミコトが、葦原中国(あしはらのなかつくに)を平定するために、三種の神器を携えアメノコヤネノミコト他5人の神様と伴って「筑紫の日向の高千穂のくじふる嶽」に降臨したと記されている「天孫降臨の地」と云われている場所です。

しかし、天孫降臨の地とされる「高千穂」は九州には二か所存在します。
宮崎の「高千穂」と鹿児島の「高千穂」です。

今回のツアーでは、そのどちらにもお参りいたします。

是非一緒に参って、神さまのパワーを頂きましょう。

 

神々が降り立った「高千穂伝説」とは?

日本神話における「天孫降臨」とは…

葦原の中つ国(現在の中津平野という説が有力)を治めるために、天照大神(アマテラスオオミカミ)によって、三種の神器(鏡・玉・剣)をたずさえた邇邇藝命(ニニギノミコト)がつかわされ、日向国(現在の宮崎県)の高千穂峰へ降臨したという伝説です。


中でも、邇邇藝命が天児屋命(アマノコヤネノミコト)などの神々を伴って高天原から葦原の中つ国へと向かう途中、猿田毘古神(サルタヒコノカミ)が道案内をしたというエピソードが有名です。

古事記や日本書紀に記されていることから、日本で最古の神話と言われています。

 

 

日本屈指のパワースポットへ

ご利益もスゴイことに!!

高千穂峡は、ストレス解消や浄化、苦悩払拭、美容、健康、恋愛や金運など数多く

高千穂神社は、厄払いや縁結び、夫婦円満や農産業、諸願成就、また過去世の才能を引き出してくれると言われている方も…

天安河原は、思兼神(おもいかねのかみ) と八百萬神(やおよろずのかみ)を祀っていて、どんな願事も叶うと…

あの坂本龍馬もおりょうさんとの新婚旅行で高千穂峰に訪れて、山頂にある「天の逆鉾(あまのさかほこ)」を引き抜いて、その後歴史に残るような変革を起こしていきます。

 

天孫降臨の地と言われているだけあり高千穂には強大なパワーが秘められているようで、かなえたいお願いがある人はご一緒に参拝しに行きましょう。

 

 

ツアー詳細

 

日 時

 

 

2泊3日コース:2018年2月2日(金)〜4日(日)
1泊2日コース:2018年2月3日(土)~4日(日)

集 合

 

 

2泊組 2018年2月2日(金) 9時半 鹿児島空港

1泊組 2018年2月3日(土) 9時半 宮崎空港

解 散

2018年2月4日(日) 18時 熊本空港

宿 泊

 

 

1日目:さくらさくら温泉 

全国的にも数少ない「泥湯」温泉が楽しめます。

2日目:ホテル高千穂

 

温泉ではないですが大浴場があります

定 員 25名

ツアー料金

 

 

 

 

 

 

1泊2日コース:4万5千円(税別)1泊3食

2泊3日コース:7万円(税別)2泊5食
現地交通費、国内旅行保険代、2日目昼食代含む
集合場所までの運賃、1日目、3日目の昼食代は含みません

主 催 ILU(エル)
旅行代理店 株式会社ツアーサービス
 開運鑑定家・僧侶の 藤尾美友 がツアー中のご案内をします。
飛行機の手配はご自身で行って頂きます。
搭乗便についてのご相談はいつでもご連絡ください。

 

お支払い方法:銀行振込・ゆうちょ銀行振込・ペイパルによるクレジットカード決済

 

btn_yoyaku_off

 

 

  行程

2月2日(金) (2泊のみ)
鹿児島空港集合 ー 霧島神宮 ー 霧島古宮址 ー 霧島東神社 ー 狭山神社 ー 霧島温泉泊

2月3日(土) (1泊、2泊とも)
宿 ー  宮崎空港で1泊組と合流 -青島神社 ー 高千穂神社 ー 荒立神社 ー 国見丘 ー ホテル高千穂
ー 節分の高千穂神社夜神楽鑑賞 ー 宿

2月4日(日) (1泊、2泊とも)

宿 ー 高千穂峡散策 ー 槵觸神社(くしふる)神社 ー 四皇子峰・高天原遥拝所 ー 天岩戸神社東本宮 - 天岩戸神社 西本宮 ー 天安河原   ー 上色見熊野座神社 ー 熊本空港解散

 

  参拝予定・寺社

 

■霧島神宮

 

 

鹿児島県の霧島市にある霧島神宮。天孫降臨神話の主人公「瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」を祀る歴史深い神社です。当初は高千穂峰の山頂に建てられていましたが、霧島山の度重なる噴火による焼失と再建を繰り返し、現在の場所に移転されました。 

ニニギノミコトは、開運や事始め、縁結びの神様としても有名です。

枝の上に立っている小さな神様の姿を見ることができるご神木があります。この神木の杉は、樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれています。

霧島神宮の最強のお守りとして九面お守りがあり、全部集めれば願いが叶うと言われています。霧島には、古くから九面信仰があり、九面は工面に通じ「工面がいい」「工面がつく」として縁起がいいので商売をされる方々が、参拝の際にはこの九面を拝むということが行われていました。

藤尾があまり知られていない隠れた聖地へお連れします。

霧島神社公式サイトはこちら

 

■霧島古宮址

霧島神宮は当初高千穂峰山頂に鎮座したと伝えられているが、活火山の火口すぐ脇にあったことから噴火により度々焼失したため、10世紀半ばに性空上人が高千穂峰西麓の瀬多尾越に霧島神宮を遷宮したとされる。これが現在の霧島神宮古宮址にあたる。

高千穂峰の登山口になっています。

天孫降臨神籬斎場(てんそんこうりんひもろぎさいじょう)があり、すごいパワーを感じる藤尾イチ押しの聖地です。

 

■霧島東神社

 

霧島東神社はかなり急な坂を登り、森に包まれた所にある為、下界とは全く違う空気を感じます。

駐車場に着いて、最初に見えるのが鳥居。その奥には鬱蒼とした森と石段が続いていて、まるで未知の世界がその先に広がっているような、不思議な感覚に陥ります。


天孫降臨の際、イザナキノ神・イザナミノ神を祀った場所と言われている。崇神天皇の時代、社を創建。もともと高千穂峰の山上の高千穂河原にあったが、鎌倉時代に噴火で焼失。東西に分社され現在地に。東が当社で、西が霧島神宮。

藤尾のお勧めスポットは、こちらもあまり知られてないと
思われるお不動様です。

PhotoMiyazaki-宮崎観光写真より

 

■狭山神社

 

 

神武天皇は幼名を狭野尊(サノノミコト)といいましたが、
これは降誕されたこのあたりの地名からとったものと言われています。

狭野神社は霧島の麓にあることから、霧島山噴火の被害をたびたび受け、中でも延暦7年(788)や文暦元年(1134)、さらに享保3年(1718)と過去三度も、社殿が焼失するほどの大噴火に見舞われています。それでも歴史の皇室、藩主の崇敬が厚かったことから、そのたびごとに復興し、神武天皇にまつわる伝説とともに、その歴史を現代に伝えています。

 

藤尾が2014年に一人で下見も兼ねた参拝をした際、こちらに参る予定はなかったのですが、ご神木に呼ばれたような気がして立ち寄ったのがこちらの御宮でした。

すると神武天皇の降臨した地ということで、驚きのご縁を感じたのでした。


写真はすべて藤尾美友が撮影したものを使っています。

■2月2日(金)宿泊:さくらさくら温泉

 

 

 

四季折々に、その表情を変化支える霧島。歴史と伝統の息吹く大自然の中に、さくらさくら温泉はあります。

自慢の温泉は、天然掛け流し、全国的にも珍しい天然泥湯の泉質はお肌にやさしい弱酸性です。

からだにも心にも優しい乳白色の硫黄温泉です。

泥湯ができる温泉は珍しいので、ぜひたっぷり塗ってみましょう。

さくらさくら温泉公式サイトはこちら

 

■青島神社

 

青島の中にある神社で、縁結びの社として知られています。

彦火火出見命が海積宮からご還幸された御宮居の跡といたしまして「彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神」の三神をおまつりしています。

古くは島全体が霊域とされ、江戸の頃まで一般の入島は許されませんでした。

日向七福神のひとつで、琵琶を抱いた美しい弁天像があります。

青島神社の藤尾のお勧めは


裏にある元宮なのですが。

その横の磐境で、古来からあったという
天の平瓮投げ
(あめのひらかなげ)
という占いができます。

こちらの磐境に収まれば心願成就平瓮が割れれば開運厄祓

さあ、新しい年を占ってみませんか?

青島神社公式サイトはこちら

 

■高千穂神社

 

 

約1900年前の垂仁天皇時代に創建され、天津彦火瓊々杵尊(ににぎのみこと)・木花開耶姫命、彦火火出見尊・豊玉姫命、鵜葺草葺不合尊・玉依姫命という六柱の総称である高千穂皇神を祀っています。天孫降臨の地である高千穂の八十八社の総鎮守です。緑深い境内。長い時間を刻んできたもののみが持つ、奥ゆかしさと荘厳さがそこかしこに漂っています。

神社本殿と所蔵品の鉄造狛犬一対は国の重要文化財に指定されています。

 

境内には2本の杉の幹がくっついた「夫婦杉」があり、
大好きな人と手をつないで、この杉の周りを3周まわると
いつまでも仲良くいられると言われています。

高千穂観光協会の高千穂神社の解説はこちら

 

■荒立神社

 

 瓊々杵尊(ににぎのみこと)が天照大神の命を受けてこの国に降臨される途中、
天孫一行を道案内をされた猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が結婚して住まわれた地と伝えられる。

切り出したばかりの荒木を利用して急いで宮居を造ったため、荒立宮と名付けられました。

このような言い伝えから縁結びに、ご利益があるとされています。

「地祇族の神・猿田彦命」と「天孫族の神・天鈿女命」との結婚は、今でいう国際結婚ともいえます。

また、芸能にもご利益があるとされています。

 

高千穂観光協会の荒立神社の解説はこちら

 

■国見ヶ丘

 

 

高千穂を代表する風景「雲海」。その展望所として有名なのが国見ヶ丘です。

標高513mのこの丘は、その昔 神武天皇の子孫が国見をしたと伝えられています。国見が丘の雲海10月下旬から12月上旬の、前日に暖かく朝方気温が冷え込み、無風快晴の時現れることが多い。ことなので、雲海は難しいかもしれませんが絶景を見に行きましょう。

高千穂観光協会の国見丘解説はこちら

 

■2月3日(土)宿泊:ホテル高千穂

 

 

豊かな自然に囲まれた悠久の神々のふる里に佇むホテル

神々の里・高千穂の、豊かな自然に囲まれた「ホテル高千穂」。周辺には、ホテルから徒歩圏内の高千穂峡や、国見ケ丘から望む雲海など自然が創る情景をはじめ、神話の伝説で有名な国の重要無形文化財に指定された「高千穂の夜神楽」がある。都会の喧騒から離れた場所で日本の伝統文化を肌で感じることが出来る。

 

ホテル高千穂公式サイトはこちら

■2月3日(土)節分に高千穂夜神楽鑑賞

 

夜神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されており、天照大神が天岩戸にお隠れになったおり、岩戸の前で、天鈿女神(あめのうずめ)の命が舞ったのが始まりと伝えられるものです。

夕食の後、観覧に参ります。

 

高千穂観光協会の夜神楽の解説はこちら

なんと、高千穂峡のライトアップをしているそうです。

高千穂峡ライトアップ 神都高千穂 神あかり

寒いですが、せっかくなので夜神楽の後に見に行きましょう!

 

■高千穂峡

 

 

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。

この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日、国の名勝・天然記念物に指定されています。

付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。

さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます。

高千穂観光協会サイトの高千穂峡の解説はこちら

■槵觸(くしふる)神社

 

天孫降臨の地として伝えられる槵觸の峯にある槵觸(くしふる)神社です。

古事記に迩迩芸命(ニニギノミコト)が降り立った所を
「筑紫(九州)の日向の高千穂のくじふる峰」と記されました。
その場所と考えられている「くしふる峰」の中腹にある神社です。
神社創建は不詳、はじめは社殿もなく山そのものをご神体として祀られていました。

 

天照大御神の孫、迩迩芸命(ニニギノミコト)が地上へ降り立った(降臨)の地として伝えられています。

 

高千穂観光協会の槵觸神社の解説はこちら

 

■四皇子峰

 

瓊瓊杵尊が高千穂宮に住まれて3代後、4柱の息子が成長したとされる地。

 

■高天原遥拝所

くしふる峰に連なる小高い丘で、天孫降臨の後、

神々がこの地に立って天上界の高天原を遥拝したところと
伝わります。

 

■天岩戸神社東本宮

 

天岩戸伝説でお隠れになった天照大神様が岩戸よりお出ましの際、

思兼尊様が大神様の御手を取り、この東本宮の土地にお鎮まり願ったとされます。

直接的に大神様の息吹に触れ、ご加護を頂くにはこちらがお勧め。

ご神水を頂き、七本杉を探してみましょう。

公式サイトはこちら

■天岩戸神社 西本宮

 

 

天岩戸神社は宮崎県高千穂町に鎮座し、日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれています天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所。

岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座し、両社とも、天照大御神様を御祭神として御祀りしております。

川上には八百萬の神々がお集まりになり、御相談をされた天安河原があります。


神主さんの解説を聞きながら、天岩戸を遥拝できるところへ
ご案内して頂きます。(天岩戸は撮影禁止ですので写真はありません)

公式サイトはこちら

■天安河原

 

天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸にお隠れになったさい、天地暗黒となり八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。

別名「仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれています。

以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、いつのまにか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになりました。

現在では無数にある積まれた石が天安河原の神秘的かつ幻想的な雰囲気を一層引き立てています。

 

■上色見熊野座神社

 

参道には、100基近くの灯篭が並び壮観です。神殿後方の穿戸岩には、健磐竜命の従者鬼八法師が蹴破ったといわれる縦横10メートル以上の大風穴「穿戸岩(うげといわ)」があります。

「穿戸岩」は巨大な岩山を大きな風穴が貫いていることから、どんなに困難な目標でも必ず達成できる象徴として『合格・必勝』のご利益があると評判です。

また、神社の御神木「なぎ」は「凪」に繋がり、波風を鎮めること、さらには葉脈のない葉の特徴から、縦には簡単に裂けるものの横に引きちぎろうとすると相当の力が必要なことから、昔から男女が『縁が切れないように』とお互いになぎの葉を身につけたり、嫁ぐ娘に母親が持たせることもあったそうです。さらには、男女のご縁だけではなく大切な人とのご縁を結ぶことから『商売繁盛』にも通じる大変縁起のよい木です。

 

高森町観光サイトはこちら

 

btn_yoyaku_off

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2017 ILU All Rights Reserved.