開運研究所公式ブログ

2017.10.28

「私は運がいい」と思えているか

旅ブログばかりでは退屈な方もいらっしゃると思うので
開運ブログも挟んでいきます。

 

「運がいい」と思えていますか?

「自分は運がいい」と心底信じている人には、

どんな出来事が起きても
「これは運がよかった」
としか思わない法則があります。

 

例えば、私は、先日青森に行ってるときに、
大型台風が来まして、各地で大変な被害が出ました。
(被害に遭われた方のお見舞い申し上げます。。。)

それがちょうど私が帰る予定の月曜日に青森の方へ
やってくる進路で、本当に飛行機は一日中欠航になりました。

4泊5日で青森にいたのですが、そのほとんどの日は、
台風の進路や飛行機がどうなるのか、ということで
情報を集めたり、飛行機の手続きをどうすればいいか
ということに時間を使いました。

東京からの方なら、飛行機はキャンセルで返金してもらって
新幹線で帰れたかもしれません。

でも私は、伊丹空港だから、青森から電車で戻る選択肢はない。

それで、飛行機はそのままの料金で次の日に振替ができて
ホテルを1泊追加で予約し、レンタカーも1日延長しました。

そこで思ったのは
「台風が来てくれてラッキー」でした。

だって、台風がいったあとって、すっごく空気が澄んで
お天気がよいことが多いじゃないですか。

 

青森にいって、晴れていたのは初日の八甲田山だけで
あとはずっと曇っていたり、霧がすごかったりして
岩木山のお姿もほとんど見れていなかったのです。

台風の日は、ずっとやりたかったパソコンの仕事がじっくりと
できるな。と思ってスタバにこもって、作業していました。

だから旅行中に仕事が進んでラッキーでした。

だから、延泊代はかかったのだけど、
そのおかげで岩木山をきれいに遥拝することもでき
(雪が積もって登るのは断念でしたが)
予定していなかった弘前市内の神社仏閣にたくさん参拝できました。

岩木山に登れなかったことすら、
「あなたひとりでは危険だからやめておきなさい」
という神様のメッセージだったのかも、と思うくらいです。

 

これを「自分はいつも運が悪い、タイミングが悪い」
と思っている人だったらどうでしょうか。

なんでこんな時に限って台風がやってくるんだ。

✖せっかく遠路はるばる青森にまで
何年越しに楽しみに来たのに、

ずっとお天気が悪くて、景色も見えない。

✖飛行機の変更の手続きややりとりに
時間と気持ちがとられて
疲れてしまった。

✖岩木山に登りたくて来たのに、結局登れなかったじゃないか。

と文句のオンパレードになるわけです。

 

この違い、すごいと思いませんか?

 

ちなみに、私は13年も開運鑑定家で人に開運するための
アドバイスを行う仕事をさせて頂いています。

だから、仕事柄
自分はいつも運がよくなければいけない・・・
とかなり強く思っていました。

 

もともと美友さんは運がいい人なんでしょ。

と思っている方もいるかもしれませんが、
決してそんなこともありません。

私の四柱推命を何人もの占い師さんに
みてもらいましたが
はっきりと面と向かって
「あなたは大変な人生の人ですね」
とは言いません(苦笑)

プロですから。

だけど、運を上げるのにいろいろやらないと
波乱万丈で振り回される人生になるとは
言われてしまう命式なんですよ。

 

でもそんな自分が15年前
「開運」研究に目覚めて、産土信仰にも出会って、
開運思考、開運行動も学んで
これまで自営業も続けて来れました。

(ちなみに起業して5年以上続く確率って
1割程度なのだそうです)

そして、
「いつも運がよくなければいけない」
というのも思い込みだと気付きました。

 

人の一生は、人間界で何かを学ぶためにあるのです。

学ぶためには気付かせるきっかけになるような出来事も起きます。

大切なのはその時に、
起きたトラブルですら
「これは運がよかった」と変換できる能力が大切なんだ。

という事です。

 

だって、運がよくて、お金をたくさん稼いでいて、豊かに幸せそうに
されている大金持ちの社長さんに、何もトラブルがないと思いますか?

そんなことはたぶんないでしょう。

 

何かが起きたときに、さっと対応できる能力、
兆しのうちに対処できる能力
トラブルも笑いに変えちゃうような発想の転換力
人を喜ばせる能力

こういうのが高い人だから、成功し続けられるのだと
思います。

 

そしてそうなるには、やはり訓練も必要だと思います。
私もまだまだ訓練中です。
死ぬまで訓練が続くでしょう。

 

まずは「運がよかった」と変換できる能力から
高めてみませんか?

メルマガ

またカラーのメルマガに戻しました。
開運するための情報やしきたりを取り入れた開運法、ブログでは書けないことも

 

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ