開運研究所公式ブログ

2018.08.10

8月は月護摩と四万六千日祈願を行いました



8月6日は月護摩を修行寺の方で焚かせて頂きました。

護摩木は、有料月会員の方からの依頼分(会費に入っています)
それから今月からILU(エル)会員の方からのご依頼分も
多数いただき、いつもより多い本数で火もよくあがりました。


このように護摩木1本1本をしっかり読んで
お不動様にお願いします。


そして毎月この護摩を楽しみに参加してくださる方も。

姫路駅から送迎していますので、参加してみたい方は
お問合せくださいね。

やっぱりこの護摩の火を受けて御力を頂いてほしい。

 

そして、8月9日は
観音様の四万六千日という事で
自坊にて特別な観音行法を行いました。

ご真言を1000回とか100回とか
ひたすら唱える観音行、なかなか舌が回らず
ゆっくり唱えてみることにしたら、
トータルで1時間半もかかりました。

どなたか参列者がいたらこんなに長い時間は
出来ないのでもうちょっとカットします。

 

皆さんもお近くの有名な観音様のお寺にお参りされましたら、
四万六千日お参りしたのと同じで功徳が頂けます。

東京では1か月早い7月9日と10日に
浅草寺で行われるほおづき市が有名です。

姫路の円教寺では施餓鬼供養を行なっているようです。

餓鬼(がき)とは、俗にいう生前の悪行によって
亡者の世界に落とされた魂や
無縁仏となっているような霊や魂の事を言い、
常に飢えと乾きに苦しんでいるものを指します。

施餓鬼とは、そういう者たちにも
食べ物や飲み物などの供物を施すことで
餓鬼の供養を行う法要行事です。

お盆やお彼岸にご先祖様に供養をしますが、
合わせて餓鬼の供養をする事でさらに徳が積めるとされています。

8月15日にわが自坊でも
ILU(エル)会員限定で、
施餓鬼供養を行う事にしました。

急ですので、9月のお彼岸にも
施餓鬼供養と追善供養も
お受けしたいと思っています。

檀家寺もなくあまりご先祖様に
お経もあげられたいないと
いう方はぜひこの機会にどうぞ。

お問合せくださいね。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ