開運研究所公式ブログ

2011.12.05

神社鑑定クリスマスキャンペーン!!


12月に入り一気にクリスマスや年末年始に向けての飾りつけもされ
「師走」ムードが高まっていますね!
実は、神道とクリスマスって意外な共通点があるんです。

クリスマスは12月25日ですが、日本でいうと「冬至」の時期にとても近いのです。
今年の「冬至」は12月22日。一年の中で昼が最も短く、夜が最も長くなる日です。
だから、陰の気が極みに達して陽に転じるという「一陽来復」というおめでたい日なのです。

ということで、年末年始に向けてのクリスマスキャンペーンです。

先着10名の方限定で、
金運を呼び寄せる黄金の「金運カード」(1,000円)をプレゼントいたします!

クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う記念日とされていますが
北欧のクリスマスは古代ゲルマンの「冬至祭」の影響を色濃く残すそうです。
ネイティブ・アメリカンの最古の部族ホピ族も、数千年前から冬至の日に「ソヤル」という大祭を行っています。
それだけでなく、全世界的に「冬至」の日に太陽の復活祭を行っていました。

そういうわけで、太陽神を祭る伊勢神宮でも「冬至祭」が行われます

この日に伊勢神宮の内宮の宇治橋のど真ん中に朝日が昇ります。
 

またクリスマスの飾りつけにクリスマスツリーを飾りますよね。
これは、古来の日本人が神さまが先のとがったご神木に降りてくる「ひもろぎ」と似ています。
「ひもろぎ」というのは、神さまが降臨するための先のとがったもの。
やはり先のとがったご神木や、三角形の霊山などがひもろぎになりやすいのです。

日本のクリスマスには太陽の復活祭の要素はあまり感じられませんが、町がクリスマスツリーできれいに飾り付けられたり、お店のディスプレイがクリスマスバージョンになると、心がウキウキしてくるのは確かです。
日本という国は、キリストの誕生日でも神道や仏教の初詣でも、何でもなじめる素晴らしい国です。
 
これから年末年始にご実家に帰省される方も多いと思います。
もし産まれた場所がご実家の地方の方には、産土神社に初詣できるいい時期です。
そういうご予定がある方には最優先で早く鑑定させて頂きます
ので、
この機会にぜひ初めての方も、ご家族の分も神社鑑定をお申込みくださいね!

キャンペーン詳細

郵送神社鑑定セット(家族割引も含む)2社セットもしくは3社セットをお申込みの方
先着10名限定で
金運を呼び寄せる黄金の「金運カード」(1,000円)と
恵比須総本宮である出雲地方の美保神社でお受けしてきた「福種銭」をプレゼントします。
これで来年の金運アップは間違いなし?!

お財布に入れてもよし!

通帳にはさんでもよし!
 
「地天泰」カードを通帳のはじめのページに
「山天大蓄」カードを記帳されてる最後のページにはさみます。

お申し込み

産土神社鑑定2社セット

セット内容
◆産土神社・自宅の鎮守神社の鑑定
◆運命鑑定盤
◆充実した資料
◆個性診断レポート 2枚
 

15,000円
(家族割引 13,500円)


お申し込みはコチラから
産土神社鑑定3社セット

セット内容
◆産土神社・自宅の鎮守神社・
 職場(学校)の鎮守神社の鑑定
◆運命鑑定盤
◆充実した資料
◆個性診断レポート 2枚

18,000円
(家族割引 16,200円)


お申し込みはコチラから

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ