開運研究所公式ブログ

2010.03.29

今日もコンサルでした

今日ははじめての方で、3時間の開運コンサルテーションでした。
最近はご紹介で来ていただく方が多くて、今日もそうでした。
全くはじめての方でも、知ってる方のご紹介というだけで、お互い安心感が違いますね。
はじめは緊張されていましたが、すぐに打ち解けて、終わる頃にはかなり仲良くなりましたラブラブ
あ、女性ですにひひ
恋愛や結婚のご相談でしたが、東京大神宮に祈願にいったことがあるという話になり、いきなり会社の会長に紹介もなく会いに行って個人的なお願いをしていることになるんですよ。
という話をすると、とっても驚かれていました。
まずは、一番の自分の担当であり、縁結びをしてくださるのは産土さまです。
ということをご説明したら、目を輝かせていました。
うぶすなは、”産土”と書き、 うむすな とも呼ばれます。
大地から産まれる働き を司る大神さまですので、人間も植物も大地から産まれる という風に考えると、
特に子孫を残すにはお相手と出会う必要もありますし、必要な縁結びはやはりお得意です。
そういえば、先日の特番、「雑学王」で、かなり最後の方の数人が残ったクイズで、

「むすこ」と「むすめ」に共通する「むす」の意味とは?

というような問題があったときに、宮崎美子さんが答えを「うまれる」と書いて
「確か、うぶすなとかうむすなって聞いたことあるので、むす は生まれるという意味かと・・・」
といわれて、びっくり仰天しました。
テレビ番組で「うぶすなさま」という言葉を聞く時代になったとは!
さらに、隣に座っていたフリーアナウンサー山中秀樹さんが
「産土神という大地に宿る神のことですよ」
なんていいだして、番組のテロップでも
産土神とは、という説明まで出たのですよ~。
私が産土さまを知った6年前にはありえなかったことです。
知名度が上がりましたねグッド!
番組での答えは
「むす」には「生まれる」「生える」という意味があり、むすこは生まれて来た男の子、むすめは生まれて来た女の子という意味。
ちなみに、国歌「君が代」の歌詞にある「苔のむすまで」の「むす」も同じで、苔が生えるまでと言う意味。

うぶすな、うむすな は、生まれるを司る大地の神さまなので縁結びがお得意なのです。
ペタしてね
====================================================
弊社主催セミナー・イベント
開運する人が集う実践!開運塾 第5期 休日コース
4月18日(日)第1回スタート(全12回)早期年間割引有!
開運する人が集う実践!開運塾 第5期 平日コース
4月22日(木)第1回スタート(全12回)早期年間割引有!
3月末までに年間申込されると、2万円もお得です!
第5期もとても素晴らしい塾生が集まってます。
開運したければ開運する人が集まる場に来るのが、とっても重要です
====================================================

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ