開運研究所公式ブログ

2011.06.10

開運しない名前だと神仏が守りにくい

名前が悪いという言い方をしてしまってごめんなさい。
私の本名もすごくよくない画数もあるし、音霊も悪いし、開運しない名前なんですよ。
でも!!
名前が悪いと、自分の周りで守護してくださる仏さまが守りづらくなるのです。
特に名前は仏さまと関係が深いそうです。
実は、産土の神さまの話はよくしていますが、産土の仏さまの話をあまりしたことがなかったかも知れません。
産土の大神さまと、産土の守護仏さま、うぶすなさまといっても、神と仏、両方いらっしゃるのです。

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

宗教をする人は、自分の信じている神様(や仏様)だけが一番すごくて、その他のものは力がないとか、邪道だとかいろいろ言ったりします。
でも、日本の八百万の神を信仰する神道は、そういう制限をしません。
日本という国は、いろんな宗教と共存しているとても珍しい国ですね。
そして、日本は四季もあるし大自然もあるので、陰陽五行説がとてもしっくりと合う国です。
物事には陰と陽があるということを受け入れられます。

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

一神教が多い国だとこうはいきません。何しろ絶対神を信じる思想だと、陰と陽という考えも受け入れがたいのです。
だからこそ、日本には、陽として神さま、陰として仏さまという体制で、私たちを守ってもらっているということがしっくりくるのです。
話はそれましたが、産土の守護仏さまという方は、自分のすぐ後ろで守ってくださっていて、またドーナツ状にいろんな仏様たちが守護してくださっているそうです。
その仏さまたちが、開運しない名前を使っている人の場合、守ってあげたくてもなかなかうまく守れないと、お困りなんです。
だから、開運する改名=開名をすると、ドーナツ状に守ってくださっている仏様たちが、すごく守りやすくなるし、いろんな人事異動的なことも起こるそうです。
そして、新しい守護体制で、その人の開運に向けて、現象化を起こしていくのですね。
だから、実は開名することは、守護のご存在たちへの孝行にもなるのです。
↓↓↓自分も姓名判断してみよう思った方はこのバナーをクリックしたら、無料で診断できますよ!
$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ