開運研究所公式ブログ

2011.06.12

偽名と開名の違い

開名(改名)した名前でいろんな方に名刺交換したり交流する人は、偽名で活動している人だからお断りします。
という人がいました。
偽名というのは、人を欺くために使われる名前で、犯罪目的だったり自分の名前を隠して活動する場合に使われる呼び名のことだそうです。
開名が偽名なんだったら、芸能人はみんな偽名で活動してるってことになりませんか?
私は、運をよくするために開名した名前を使っているだけなのに、偽名といわれて、大変傷ついてしまいました。
それに本名を隠そうと思っても、銀行口座は本名でしか作れませんから、振込の際にわかってしまうでしょうし、飛行機に乗るときや、パスポートでも必ず本名で書かれます。
だから、ビジネス上での通称名、というニュアンスで捉えてもらえたらなぁと思います。
もちろん会社勤めの方は開名の名前を使えない会社がほとんどでしょうから、そうなるとプライベートな友達に知ってもらうというところになるでしょうけど。
自営業やインターネットでビジネスをされている方だと、仕事上の名前は開名した名前で活動されると、本当にいいですよ。
少し面倒なことがあったとしても、多くの人にいい波動の名前を知ってもらって受けられる「開運する運」のエネルギーを受けた方が、絶対に良いです。
運がよさそうな経営者の方は、セッションで私がこういう話をしたら、即その場で
「開名します。申し込みます」
といって帰られます。
成功する人、運がいい人は、「変わる」ということが、運を開いたり、エネルギーを動かすことになるというのをわかっているのでしょうね。
そして実際、どんどん出会う人が変わっていったりして、レベルアップ、収入アップしていきます。
多くの方を見てきたので、開運しそうな方か、なかなか開運しづらそうな方か、行動パターン、決断パターンを見ていると、だいぶ観えてくるようになりました。
↓↓↓自分も姓名判断してみよう思った方はこのバナーをクリックしたら、無料で診断できますよ!
$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!
人気ブログランキングへ
↑ぜひ1日1回クリックお願いします!

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ