開運研究所公式ブログ

2011.06.16

自分の名前のついた理由

自分の名前ってどうやってつけてもらったんだろう?誰がつけたんだろう?って気になった方もいらっしゃるかも知れませんね。
また、自分の名前はこういう理由でつけられた。って知っている方は、そういう話を思い出したかも知れません。
私も自分の名前をつけられた経緯を聞いた話しを思い出しましたので、ちょっとコラム休憩モードでシェアしてみます。
それは、父方のおばあちゃんの名前を二文字もらってつけたそうです。
おばあちゃんの名前は「久子」 で、私は初孫だったんですが、「久美子」
たったそれだけの理由だそうです叫び
でも、私たちアラフォー世代の人たちって、みんなこんな感じだったんじゃないかな。
それほど姓名判断って、メジャーでもなかったし、何もないところから名前つけるの大変だから、じゃあ、おばあちゃんの名前を一文字もらおう。みたいなのってありがちです。
で、私には弟が2人いるのですが、そのときは、親もいろんな情報が入ってくるようになっていて、誰だか知りませんが、どっかの先生につけてもらったらしいのです。
それがどういう理由だか知らないですが、私が自分の姓名判断でみたら、本当に運が悪くなりそうな名前なんです。
お金を払ってつけてもらったからといって、開運する名前がつけられるとは限りません。
お寺さんや神社でつけてもらう場合も、姓名判断をせずにつけているところもあるかも知れません。
こういう場合、どこにお願いするかが、運を分けますね~~~~。 ほんとに。
今は、情報ありすぎ社会で、インターネットの中にも、たくさんの○○流という名付けの先生がたくさんいらっしゃいますし、いろいろ見すぎると、何がよくて、何が悪いのかわからなくなって、情報被災しますので、お気をつけください。
私も自分のこどもの名付けのときに、一度、情報被災しました。
10年前でそれですから、今だったらもっとすごいことになっているのでしょうね。
私にご縁があった皆さんは、本当に運がいいと思います。
いろんな姓名判断を比較したり、勉強したりしてきた方が、開運セッションに来られたときにおっしゃいました。
「いろいろ姓名判断みてきましたけど、結局、先生(私)が採用されている方法が一番開運するし、間違いないと思いました」
おせじでそんなこと言われる理由もないし、その方は本当にそう思ってくださったようでした。
そういう経験を積み重ねているからこそ、自信をもって、ブログに書いているのかも知れませんね。
↓↓↓自分も姓名判断してみよう思った方はこのバナーをクリックしたら、無料で診断できますよ!
$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!
人気ブログランキングへ
↑ぜひ1日1回クリックお願いします!

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ