開運研究所公式ブログ

2011.06.17

こどもに申し訳ないと思っている親御さんへ

今までの記事を読んで、もうすでにお子さんの名づけを何人もしてきて、改めて姓名判断してみると、画数もよくないし、音霊もよくないし、悪いことをしてしまったなぁ。。。。と
とっても悔やんでいる親御さんがいましたら、聞いてください。
赤ちゃんは、前世や先祖のご縁があって、今回あなたのところを選んで生まれてきました。
今世果たしたい目的があって、その目的を果たすのに、あなたのところが一番いい環境だったのです。(よきにせよ、悪きにせよ、です)
そして、両親が名前をつけてくれました。
でも、その名前を選んでいるのは、実は生まれてきたこどもなんですって。
だから、もし画数が悪くて、苦労しそうな名前をつけたお子さんは、ちょっと波乱万丈に苦労したことが、今世の目的を果たすのに必要だと思って、その名前を選んできたのかもしれません。
それにね。
もし女の子の場合、完璧にいい名前をつけてあげたとしても、結婚したら普通は苗字が変わりますから、画数のバランスが変わって、画数悪い名前になる可能性も高いです。
私の場合は、まさにそうでした。
実家の本名は、画数はパーフェクトによかったです。(適当に「美」を入れただけの名前だったのにね!笑うところです)
ところが、結婚したら、それがすごく悪い画数になってしまいました。
だから、大きくなって成人になれば、自分の意思で開名すればいいのですよ。
それを選ぶのも、その子の意思。
ただ、アドバイスをしてあげられるだけ、あなたは素晴らしいのです。
姓名判断なんか関係ない!当たるわけがない!って豪語していたかも知れない自分の過去も、自分の成長の中に刻み込まれた過去の自分です。
大切なのは、過去の自分よりも成長することなんです。
だから絶対過去を後悔したり、悔やんでほしくないのです。
↓↓↓自分も姓名判断してみよう思った方はこのバナーをクリックしたら、無料で診断できますよ!
$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!
人気ブログランキングへ
↑ぜひ1日1回クリックお願いします!

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ