開運研究所公式ブログ

2010.07.02

ほっとする詞を頂きました

今日は、クライアントのUさんから送っていただいた詞を
ご紹介します。
古賀重四郎著 抜粋
受け容れる。
明日のために今日休むことを受け容れる。
目が覚めたとき、
起き上がる気がしなければ一日寝ていればいい。
それでも足りないなら一週間でも寝てみればいい。
動物の冬眠ではあるまいし、
人間、それほど寝続けられるものではない。
だが、寝ることで活力は自然にみなぎってくる。
受け容れる。
悲しさも苦しさも
今はまず受け容れる。
生きていれば、いつか、
喜びに変わる日がくるはずだから。
受け容れる。
愛する人のすべてを受け容れる。
自分で選んだ人なのだから。
受け容れる。
転んでも、それを受け容れる。
起き上がればいいだけのことだ。
受け容れる。
今の苦労を受け容れる。
百の苦労も、
たった一つの楽しみを見つけられれば、
苦痛は半分になる。
受け容れる。
物事の全体を受け容れる。
目に見える表だけでなく
裏も意識して、
すべて受け容れる。
受け容れる。
まずは己を受け容れる。
自分で自分を信じられなければ
誰からも信じられるはずはない。
受け容れる。
夢を諦めようとする自分を
一旦、受け容れる。
新しい夢が現れるかもしれない。
受け容れる。
愚痴ってる自分を受け容れる。
愚痴ることのできる相手がいることに感謝する。
受け容れる。
自分の人生に起こるすべてを受け容れる。
とりあえず人生の醍醐味と考えよう。
喜びも、悲しみも、苦しさも・・・・・。
……………………………………
『心を浄化する魔法の言葉』より抜粋
ありのままの自分でいい
だれかに気に入ってもらおうと
だれかに認めてもらおうと、
だれかに見捨てられないようにと・・・・・・・。
いつも自分以外のだれかばかり気にして生きることはありません。
自分の気に入るようにすればいいのです。
自分が認めていればいいのです。
自分がいつも味方であればいいのです。
飾らないありのままの自分でいいのです。
人からほめてもらうのはうれしいものですが、
そればかりが日々のモチベーションになってはいけません。
人からほめられなくても、
自分で自分をほめる、認める。
自分に対するゆるぎない信頼をもってみてください。
自分以外の何者かになろうとすると、かえって相手に見透かされてしまい、人間関係で息苦しさを感じてしまいます。
考えてみればとても自然なこと。
自分以外の何者かになど、
なれるわけがないのです。
ありのまま、本来のあなたでいいのです。
自分をとりつくろうことはありません。
ありのままのあなたで、
そのまま十分に価値があるのですから。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ