開運研究所公式ブログ

2011.06.06

【開運塾】大宮氷川神社で開運参拝です

【開運塾】大宮氷川神社で開運参拝です
おはようございます。吉祥寺の開運専門家・藤尾美友です。
今朝は、開運塾6期の第3回の参拝&講座です。
本日の開運参拝は、武蔵国一の宮大宮氷川神社です。

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

これは昨年の開運参拝の時に撮った写真です。
氷川神社の参道、二の鳥居があるところです。

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

こちらが二の鳥居です

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

この参道が大好きなんです。初めて来たときは本当に感動しました。
昔の国の名前で、武蔵国で一番偉いとされる一の宮を名乗る神社です。
武蔵国は、東京、埼玉(秩父地方は除く)、神奈川の一部を管轄します。
なので、このどちらかに住んだり働いたりする方は、ぜひぜひ、1年に1回くらいはご挨拶に来られるととってもよいのですよ。
いつもはこちらに参拝するのは秋が多いのだけど、今年は6月に伊勢開運ツアーがあるため、一の宮クラスにご挨拶してから、お参りするべきだと考え、6月に参拝することにしました。
私の考える神様の筋を通す参拝というのは、

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

もし社長クラスの神様に会いに行くなら、まずは担当者クラスの産土神社や鎮守神社にお参りして仲良くなって、それからだんだん、課長クラス、部長クラスと紹介を受けて、そしてやっとお会いするという人間社会でビジネスの社会では当たり前に踏んでいる筋を通すことなんです。
担当者には全く挨拶しようともせず、いきなり社長クラスにアポなしで押しかけても、ほとんどお客さん扱いはしてもらえないし、覚えてももらえないでしょう。
でも、社長が産土の神や鎮守の神から、今度こういう人がそちらを訪問しますので、よろしくお願いします。と紹介を受けていると、実際にお会いしたときの扱いが違うわけです。
それが藤尾が自分でも実践しているし、皆さんにお勧めしている参拝のコツです。
さすがに、まだ開運塾はじまって2ヶ月ちょっとなんで、総鎮守もお参りいけてなかったりするのですが、とりあえず一の宮にはお参りして、ご挨拶しておこうということです。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ