開運研究所公式ブログ

2011.03.22

今さらながらアバター

今日も大きな地震ありましたね~
スタッフの携帯がdocomoで、一斉にアラーム音が鳴ってびっくり!!!
地震がこれだけあると、地球って生きてるんだ!と当たり前なんですが、当たり前のことに気づかされますね。
そんなことないですか?
さて、私は昨晩、いろんな人からお勧めされてたのにまだ見ていなかった、映画アバターをツタヤにいって借りてきて見ました。
アバター [初回生産限定] [DVD]/サム・ワーシントン,ゾーイ・サルダナ,シガーニー・ウィーバー

¥3,490
Amazon.co.jp
あまり事前情報をいれないで見ましたが、途中から
「やっぱりアメリカ人が作る映画だなぁ・・・・」
とため息をついてしまいました。
先住民&大自然と現代人の戦いみたいな感じになっていますが、戦うのではなく、調和するというシチュエーションの映画だったら素晴らしいですね。
どうすれば、大自然とともに調和できるのか。
昨日は、ジブリのスペシャル番組もやっていて、それも最初から最後まで見ました。
改めて、宮崎駿監督は、高度成長期に環境のことなど何も考えていなかった時代から、大自然を守るためには、地球がこのままでは危ない!という警笛を鳴らし続けてきたのですね。
ということに、改めて感動。
最近ずっと見てなかったので、「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」などをもう一回、宮崎駿監督は何を伝えたかったのか、見直したいと思ってます。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ