開運研究所公式ブログ

2011.12.12

受験のお子さんの神社鑑定

天命ナビゲーター開運鑑定家・藤尾美友です。
最近、高校受験のお母さんからのご相談が増えています。
先週末も、志望校や滑り止め私立も選ばなきゃいけない、というお母さんがいたので(お母さんはすでに産土信仰されています)
長男さんの産土神社・鎮守神社と受験校の鎮守神社を鑑定することになりました。
第一志望は一応決まっていたので、その学校の鎮守神社ということで、鑑定することができるんです。
そうすると、受験のときにも守ってくださいますし、もし合格したらそのまま、学校の鎮守神社になってくださいます。
お子さんは、あまり受験に対してもやる気をみせず、夏休み中にも1校も学校見学にいかなかったほどだったのです。
それが、この土日に切羽詰って学校見学にいく電車の中で、それとなく神社の話をしてみたそうです。
すると、意外にも興味を示し、移動の途中にちょうど途中下車して、産土神社にいけそうだったので、その足で一緒に産土神社に参拝することが出来たそうです!
そのお母さんは、お子さんを連れて神社にいけるとは正直思ってなかったらしくって、本当に驚いたそうです。
↑不思議なんですが、こういう話は本当によくある奇跡なのです。
それでお子さんは神社にお参りしたら、すごく気に入ったらしくて、あまり時間がないのに由緒書きを一生懸命読んだり、興味津々だったそうです。
またゆっくりお参りにこようね!とひっぱっていかないといけないほどだったそうです。
その日、家に帰って、希望を出す書類などを書かなくちゃいけないのですが、いつもなら、めんどくさがって、「お母さん、書いといて」といって、自分で書かないのに
「間違えるといけないから、お母さんに聞きながら書くからそこにいて」
といって、自分で書類を書いたそうです。
そのお母さんは、お子さんの変わりぶりに本当に驚き、やっぱり神さまってすごいラブラブって改めて、感謝されています。
お子さんが受験するという場合、勉強するのは本人だし、お父さんもお母さんも見守るしかなくって、そわそわしてしまっていると思います。
産土神社や学校の鎮守神社にお参りにいくということは、
神さまへの義理も果たせるし、神さまとしてもその子のことを守りやすくなるわけですから、「運」という意味で後押しがかなりされることになります。

例えば、たまたま得意な問題が出るというような。
困ったときだけ神頼みするのはお勧めできませんが、きっかけとして、お子さんの神社を鑑定して、お参りしてみてはいかがでしょうか。
もし、お子さんが興味を示さず一緒に行ってくれない場合は、家族の人が「子どもの代わりにお参りに来ました。」とご挨拶して、お子さんの代わりに祈願すればいいです。
しないより、した方が絶対いいです。
お参りしたから絶対合格するということではありません。
でも、見えないバックアップがあるというのは、本当に心強いものなんです。
できればお子さんにも今回のお母さんみたいに、お子さんに神さまの存在を教えてあげられるといいですね。
ちなみに、お父さんもお母さんも産土神社にお参りしていないのに、お子さんだけの鑑定をするということはお断りしています。
神さまの世界の筋を通していないことになるのです。
自分の神さまはほおっておいて、子どもの神社だけ!って何かおかしいと思いませんか?
そういう感覚がわかる方だけ、私は今までサポートしています。
ご注文やご予約、鑑定に関するご相談・お問い合わせには応じますので、お気軽に、お電話かメールでお問い合わせくださいね。
電話出れない場合は留守電にメッセージ入れてください。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ