開運研究所公式ブログ

2010.10.16

祝詞の重要さに気づいた人

今日は、開運塾4期の途中まで参加してくださっていたMさんが、久々に開運セッションに来られました。
そのMさんいわく、
「あの決まった祝詞あるじゃないですか~。
何だか神さまにお祈りするのに決まった言葉を毎回祈るのに違和感があったんで、あまりちゃんとそれを祈ってなかったんですよ。
でも、ある時からご先祖のお墓参りに何度も通うようになって、そのときに、突然、”はっ!”としたんです。
それであの決まった祝詞を唱えたら、その瞬間から何かが変わったんです
と言ってくれました。
決まった祝詞というのは、うちに来ていただいたクライアントさんには全員お教えしている、
神さまや仏さまが喜ぶ祈り詞(いのりことば)
というものなんですね。
確かに最初覚えるのがちょっと面倒だったりして、ちゃんと祈っていない方多いと思うんですよ。
でもね。Mさんもいわれてましたが、その祝詞を唱えると、ご先祖さまはもちろんのこと、後ろで守ってくださっている守護霊さまも指導霊さまも、そして、産土さまも、鎮守さまも。
みんなとっても喜んでくださる内容の祝詞なんです。
深~い、深~い、意味のある祝詞なんですね。
私なんかは、朝、神棚にお参りするときも、仕事をはじめる時も、常にその祝詞を祈ってからスタートするので、当たり前になりすぎていて、祈らなかったらどうで、祈ったらどうで・・・
という感覚を味わうことはまずないのです。
だからこそ、「やっぱりそうなんだー。守ってくださってるご存在は、みんなあの祝詞が大好きで祈ってもらいたいんだな~」
と改めて再認識し、嬉しかったです。
これを読んでくださっているクライアントさまたち。
みなさん、暗記してぜひ産土神社でも、鎮守神社でも、神棚でも、菩提寺でも、お墓でも、唱えてくださいね。
そして、その神さまや仏さまやご先祖たちが喜ばれる祝詞を知りたい方は、ぜひ産土神社リサーチを受けるか、開運セッションにいらしてくださいね!

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ