開運研究所公式ブログ

2011.03.15

情報を審神(サニワ)する

$一生変わらないあなたの神様を味方につけるオンリーワン開運道場!

地震後、4日めになりました。
そろそろ、地震のニュースにも疲れてきて、イライラしたり、無気力になったりしてくる時期です。
いつまでこんな生活が続くの? 本当に元に戻るの?
いろんな不安が頭をよぎり、何もできない無力感を感じるのは当然です。
東京では、相変わらず、スーパーには大行列、ガソリンは売り切れ、
計画停電による信号機の停止、電車の運休など、大混乱しています。
被災地の方が一番大変な状況なのに、原発の事故のニュースばかりやっています。
こんな状況だからこそ、情報をしっかりと審神(サニワ)するという視点を持っていただきたいです。
審神(サニワ)というのは、古神道の言葉で、昔神事を行う際、神がかりになる神主と審神役と2人ペアで行っていたところから、来ています。
それは審神役が、その降りてきた神さまがどういう神か、メッセージにおかしいところがないか、膨大な情報量の知識を持ちながら、判断する人だったそうです。
武内宿禰などが有名です。(有名っていっても神仏界に詳しい人だけですが)
たくさんの情報がネットなどでも出回ります。
もちろん善意での拡散情報がほとんどでしょう。
でも、よかれと思って、不安を煽るメールが拡散することもあります。
今の時代は、とにかく入ってくる情報量が膨大です。
でもその情報が間違っていたとしても、流した人を責めるのはよくありません。
たくさんの情報の中で、これは信じよう、これは無視しよう。
決めるのは私たちひとりひとりの判断なのです。
そういう意味で、いろんな情報があった方がよいと私は思っています。
正しい、正しくないを追求するより、今はどの情報を取捨選択して、どう行動するか。を自分の直感も駆使して決める。
それが「自分で責任をもつ」 開運する人の行動だと思っています。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ