開運・巡礼ツアー

6/30 西宮戎で夏越の大祓ツアー

阪神間で商売繁盛で有名な西宮戎神社で半年のけがれを祓い、下半期の商売繁盛も祈願する夏越の大祓にも参加する日帰りツアーを行います。全く初めての方もお気軽に参加できます。

なぜ6月にも大祓いをするのか

6月30日(土)は今年一年の折り返し地点。

12月31日は年越の大祓

そして、6月30日は夏越の大祓

といい、この半年でいろいろ穢れた身をもう一度清め
下半期を元気にパワフルに活動するための大切な節目です。

神主さんが大祓詞(おおはらえのことば)を唱え、
人形(ひとがた・人の形に切った白紙)で身についた半年間の穢れを祓い、
無病息災を祈ります。

茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、
これを三回くぐりながら

「水無月の夏越の祓ひする人は千歳(ちとせ)の命延ぶというなり」と唱えます。

せっかくの機会なので、16時から西宮戎神社で行われる
「夏越の大祓式」に参列したいと思います。

現在は西宮戎神社がとても大きく有名ですが、もともとは
廣田神社の境外摂社が戎神社でした。

ということで、元の神社であった廣田神社に集合し、
神様に通じやすいお祈りの方法についてレクチャーします。

そして古神道の研究でわかった隠れ神に逢える場所も
ご案内します。

隠れ神はこちらが認識していなければ通じることはできません。
こちらが認識してはじめて、コミュニケーションがとれます。
その神様が多大なご神徳をお持ちなのです。

そして、バスで西宮戎神社に移動し、西宮戎神社の神社のお参りを
ガイドした後、夏越の大祓式に参列します。

終わった後は、阪神西宮駅近くのお店で直会(なおらい)も
予定しています。

西宮戎で夏越の大祓いツアー詳細

日時 2018年6月30日(土)
集合場所 集合:13時廣田神社入り口付近
西宮戎神社で合流の方は15時表大門集合
解散 17時すぎ予定 直会は17時半~
参加費 5,000円(税込)
参加条件 どんな方も参加可能
お子さん連れでも大丈夫です。(小学生以下は無料)
お支払い方法 当日現金
行程 1. 廣田神社

2. 西宮戎神社
(夏越の大祓式参加)

直会(懇親会) お野菜ダイニング菜はれ(阪神西宮駅近く))

3,500円の150分飲み放題コースを予定しています。(実費)


お野菜だけでなくお肉も魚も出てきますよ。

 

ツアーお申込みはこちら

廣田神社


公式サイトはこちら
ご祭神:天照大神之荒御魂、住吉大神、八幡大神、諏訪建御名大神、高皇産霊神

阪神タイガースが82年間欠かさず必勝祈祷をされる神社が
ここ廣田神社です。

兵庫県西宮市に鎮座する廣田神社は、生田神社、長田神社、住吉大社とともに
神功皇后が創祀された神社です。

廣田神社は京都から西にあったため、中世の貴族が「西の宮」と称したのが
西宮市の地名の由来です。

神功皇后が三韓遠征から戻ってきたとき、船が進まなくなります。
その時に天照大神様から、荒魂(あらみたま)は皇居の近くで祀るのでなく
廣田国で祀れというご神託により、葉山媛に祀らせたのがはじめです。
その後、船は軽やかに動き出したというお話です。

西宮戎神社


公式サイトはこちら
ご祭神:えびす大神(蛭児大神)、天照大御神、大国主大神、須佐之男大神

全国のえびす宮総本宮であるのがこの西宮神社。
蛭児神(ひるこがみ)は神戸・和田岬に出現し、西宮に漂着した神様といわれます。
もともとは漁業の守り神でしたが、室町時代以降、商売繁盛、福徳円満の神として信仰されてきました。

蛭児神は神話ではイザナギ様とイザナミ様の第一子として生まれたのに
背骨の無いヒルのような身体で生まれたため、葦の船に乗せて流されたと伝えられる神。

そんな不遇の子として書かれているが、実は他の神様がお世話したくなる神様なので、
西宮の神様に守護されると、不思議と助けられ、そして宝(大金運)が待っています。

十日えびすが有名ですが、そんな人が多い時に参拝せずとも、静かな境内で
神様を独り占めして、コミュニケーションをとる方がもっとよいと考えます。

ツアーお申込みはこちら
各種お問合わせ