2017年12月23日

宝船の絵を準備できれば・・・


宝登山神社Facebookよりお借りしました

「長き世の 遠の眠りの みな目覚め

波乗り船の 音のよきかな」

という回文が書かれた七福神の乗った宝船の絵が
お正月から販売され、

それを1月2日の夜に枕の下に敷いて寝て
みた夢を「初夢」といいました。

初夢といえば、

一富士・二鷹・三茄子(いちふじ・にたか・さんなすび)

の夢を見ると縁起がいいといわれていますね。

これらは江戸時代に流行った言い伝えのようです。


なぜ一富士・二鷹・三茄子
が縁起がいいかご存知ですか?

一富士は、もちろん日本一高い富士山にちなんで

二鷹は、高い、という語呂で

三茄子は、成す、という語呂で縁起がよいとされました。

 

今年は宝船を枕の下に敷いて、初夢みてみませんか?

回文歌「なかきよのとをのねふりのみなめさめなみのりふねのをとのよきかな」
を3回唱えてから、
宝船の絵を枕の下に入れて寝てくださいね。

上の宝船の絵は、宝登山神社の社務所で
売ってくださるそうですが
遠いと思うので、お近くで探してみてくださいね。

星サポート会員募集開始

開運サポート会員(月額15,000円)

吉方位会員(気学方位&奇門遁甲時盤 月額5,000円)

平成30年版方位早見表はデータ販売をはじめました

星月護摩祈願

1名1,000円+護摩木1本300円✖本数
藤尾が代筆させて頂きます。

お申込みはこちら

手紙メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームから

携帯お電話で問い合わせは070−2304−7229へどうぞ

 

メルマガ

またカラーのメルマガに戻しました。
開運するための情報やしきたりを取り入れた開運法、ブログでは書けないことも

 

藤尾美友プロフィール

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ


  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (12)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (10)
  • 2018年1月 (11)
  • 2017年12月 (35)
Copyright © 2018 ILU All Rights Reserved.