開運研究所公式ブログ

2011.07.22

人それぞれの成長スピードは、大きく違う

3人めの方の天命を知る神道易セッションが昨日終わりまして、早速感想を送っていただきました。
まずはお読みください。

天命.地命セッションを終えて
私が天命を知るセッションを受けたいと思った理由は、自分の就職に関わる問題で悩みを抱えていて、いつもだと流れるように一つの仕事に区切りがつくと、勝手に次の仕事が舞い込んでくるという恵まれた環境にいました。
ところが、今回は、不景気のあおりを受けているのでしょうが、なかなか次の仕事がないのと平行して、次への一歩が踏み出せない。そんな中で、自分は本来なにを本当にすべきか...。
そこの部分が知りたかったのです。
でも、まるで自分の天命はこうであろうと...勝手に決めてかかっているところがありました。
でも、今回、美友先生にたててもらった易の結果は、今まで私が思ってもみなかったことでした。
もっともっと、足元に近い場所にありました。やっぱり基本は、そこなのでしょうね。
思えば、今までの開運塾の学びや、時々おみくじなどで神様からいただくメッセージにも、繰り返し繰り返し同じ言葉が使われたなーと思う内容もありました。
今までも、実は神様は、何回も私にメッセージを送ってくれていたのかもしれません。
易の内容は、私にとって、本当にきついなというのが本心です。
性格上、思いこんだら明日にでも次の手を打たないことには、焦り気持ちを沸騰させてしまう私に、【ゆっくりと順序たてて進めば必ず道は拓ける】というメッセージに、正直な気持ち「そんなにゆっくりしていたら、老婆になって死んでしまうやん。」
1人の人生ってどのくらいでしょう?しれていますよね。
新しい仕事をはじめるにも、世間一般でいう適齢期は充分に越えてる私にとっては、それくらいの思考レベルだったのです。
先生はカウンセリングの中でも、『人其々のスピードは、大きく違う。』というようなことを話してくださいました。
私は今まで 思い⇒実行 と直結型なので、時に、そのあわてん棒な性格が、逆に足をひっぱることも少なくありませんでした。

すべてを受け止めての帰りの新幹線の中から、大好きな大好きな夕方の間も無く闇に消える富士山を見つけることが出来たとき。(富士山は、九星気学をはじめたばかりの頃、一番はじめに吉方位取りとして向かった場所 拠点です、そこがなかったら今日の自分がない気がするのです)
先生にいただいた易の意味を読み返しながら、今までの人生の歩みを振り返り、涙がでてきました。
あの富士山に登頂したことも含め...私がチャレンジしてきた一つ一つを確認するように改めて、天命や地命を受け止めたときたくさんの可能性をいただいたと解釈することができたのです。
私には、まだまだやるべきことがたくさんある。
自分の今世を終えるまで、いただいたアドバイスを活かさなかったら、今日のセッションの意味がなくなります。
言葉にうまく表現できませんが、私なりに受け取った天命と地命を教えていただいたことで、考え方を縮めるのではなく、もっと広げてみようって考えました。
そして、何もかもが尽きて...私もこの世から静かに去るときには 私のご先祖様に、いっぱい褒めてもらいます(笑)
たくさんのことに気付かせていただき、感謝申し上げます。
多くの時間にお付き合いいただき、たくさんのことに気付かせていただきました美友先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。
小田京果

どんな方の天命も、今までの人生にやったことがないことは出てきません。
それよりも、
宝石緑当たり前にやってしまっていること
宝石緑やらなければならなかったからしょうがなくやっていたこと
宝石緑ついつい他の人がやらないから自分が手を挙げてやっていること
などの中に隠されていたりします。
京果さんの場合も、人生において、それが自分に期待される役割だったから、がんばって果たしてきたことの中にやはり天命がありました。
ご本人も「確かに、自分の人生を振り返ってきて、一番長くずっとやり続けてきたことがこのことですね」
とおっしゃられています。
ただ大事なのは、それを「天命(自分の役割、天との約束)」という認識を持って、さらにお役にたっていこう!という志を持つことなんです。
いやいややっている。というのと、天命だからやっている。
のでは大きな違いが出てきます。
そして、守護してくださる神仏たちも、天命を歩もうとするもの、歩んでいるものに対して、もっともっと守護しよう!!!と思ってくださるのです。
あなたの天命はどんなことでしょうか?
自己満足で、自分しか喜ばせられないことは天命とはいいません。
大きくいうと、人々や地球や環境にとって、何か役に立つことにつながる何かです。
ご予約やお問い合わせはこちらから
あなたも、一生に1度の、天命を知る神道易セッション受けてみませんか?

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ