開運研究所公式ブログ

2012.01.29

◆深川七福神めぐり~寿老人の巻

◆深川七福神めぐり~寿老人の巻
天命ナビゲーター開運鑑定家の藤尾美友です。
だいぶ日にちが経ってしまいましたが、1月10日にいってきました、深川七福神めぐりのご紹介を順番にさせて頂きたいと思います。
本当に今年は七福神づいてますね!こういう年もあるのだと思います。
でも実際に、吉祥寺七福神、谷中七福神、深川七福神と3つも七福神めぐりをさせて頂いたのですが、その後お仕事が本当に忙しくなって、ブログにまでたどり着かない日々を送っていました。
おかげさまで、ありがとうございます!
↑これは開運する言霊のNO.1とNO.2です。
さて、今回初めての深川七福神でしたが、富岡八幡宮から参るのではなく、その反対の深川神明宮からお参りをするルートで参りました。
$成功する経営者が人知れず実践する秘伝・神社開運法
今回は、地下鉄の「森下駅」から出発です。森下駅に降りたのも初めて!
曲がり角などに近づくと「深川七福神めぐり」という旗がたっているので、目印になって歩きやすいです。
全部順番に回って2時間程度で歩ける、比較的お参りしやすい七福神でした。
まずは深川神明宮です。
$成功する経営者が人知れず実践する秘伝・神社開運法
深川神明宮は慶長元年(1596)とかなり古い創立で、深川では最も古い神社です。
深川はそもそも大阪摂津からやってきた深川八郎右衛門によって開拓された土地です。
その鎮守の宮として創建されたのですね。
そして家康公がこの村にきたところ、村名を尋ねたところ名がないので、深川八郎右衛門の姓をとって深川村とすることとなった由緒があります。
いつものようにまずは拝殿に参拝してご挨拶をしてから、寿老人さまのいますお社へ。
$成功する経営者が人知れず実践する秘伝・神社開運法
星の化身とされる中国出身の神さまです。
鹿が左手にお供として従えている老人のお姿です。
特徴は巻物を持っていることで、延命長寿の福徳ということで信仰されています。
$成功する経営者が人知れず実践する秘伝・神社開運法
こちらの寿老人さまは黒くてちょっと見づらかったですが、パワーはとても感じられましたよ!
やっぱり左手に鹿が従っていますね!
深川七福神では、七福神のご尊像を模したお鈴を福笹に一つずつかけていくという授与品があります(有料です)
福笹が1,000円、お鈴が1個300円です。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ