開運研究所公式ブログ

2012.10.26

相模国巡礼最後は一の宮寒川神社へ

高来神社を出て、次はどうする~?と話しながら出発。

はじめは「大山阿夫利神社にも参りたい!」といったのですが、どう考えてもそれは時間的にも体力的にも無理!とミカさんに諭され、今回の順番でお参りしていたのですが・・・

お天気もちょっと雨っぽくなってきて、とてもじゃないけどあふり神社は無理だったね~。なんていいながら、やたらと「伊勢原大神宮」の看板が目につくので、行ってみる?といって向かってみると、なんとその日は大祭だったみたいで、とても車が入れない様子でした。

で、どこに向かってるんだろう???全然わからなくってお任せしていたら、なんと一の宮の寒川神社でした!!

嬉しいーっ

お参りしたいなぁと思ったけど、ちょっと遠いだろうと思って、行きたい神社リストに入れていなかったのです。

ちょっと暗くなりかけてましたが、無事開いていて、お参りすることが出来ました。

相模国一の宮 寒川神社

ご祭神は寒川比古命と寒川比女命。
ニ柱の神を祀り、寒川大明神と奉称しています。
寒川大明神は相模国を中心に広く関東地方をご開拓になられ、衣食住など人間生活の根源を開発指導せられた関東地方文化の生みの親神様として敬仰されてきました。

御祭神については古くより諸説あり、一定ではありませんでした。古代では寒河神といわれ、近世では八幡神(応神天皇)とされ、他にも菊理媛、素盞鳴尊、稲田姫命ともいわれました。
(寒川神社公式サイトより)

とあるように謎とされているご祭神ですが、古くより関八州の守り神として、また江戸の正裏鬼門をお護りするお社として、全国唯一の方位除・八方除の守護神として信仰されています。


あっという間に暗くなっていきます。すごい立派な楼門ですね。


無事参拝をし、ミカさんと記念撮影
そういえばあまり2人で撮っていなかったのです。


参道の灯篭にも灯りがついて、とってもきれいです。

実は秘密の場所があるのですが、この日はもう暗いので行かず、ミカさんに行き方だけお教えしておきました


そして寒川神社にきたら必ずお参りするこちらの宮山神社


とってもたくさんの神様が合祀されているのですが、このあたりの広い範囲の産土さまをしてくださっているようです。

もし寒川神社が産土神社と鑑定されたら、この宮山神社は絶対お参りした方がいいですよ


暗かったですが、ちゃんと神様とコンタクトが取れて、本当にいいお参りが出来ました。
おまけ

この後、辻堂の駅まで送ってもらい、出来たばかりのテラスモール湘南へ連れてってもらいました。

すっごくお買い物楽しそうなお店がいっぱいありましたら、晩御飯を食べて電車に乗って帰らなきゃいけなかったので、潮風キッチンへ

私が選んだのは「しらす問屋とびっちょ」

結構並びました


釜揚げしらす4色丼 釜揚げしらす、ネギトロ、いくら、桜エビの4色の丼です。贅沢~


あまりに大きくてびっくりする藤尾の図

ということで、ぜひ湘南に行かれる際には、寄ってみてくださいね。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ