開運研究所公式ブログ

2012.10.27

祓戸の大神の総本宮へ

10月22日は前々から比叡山へ行く予定だったので、日帰り弾丸ツアーでお参りしてきました。
まずは滋賀県に行くときにはたいていお参りさせて頂いている祓戸の大神さまを祭る佐久奈度神社です。

昨年の4月28日にも参拝してブログアップしてました。

ですが前回はあまりお天気がよくなくて曇っている写真だったので今回は晴れていましたので再度写真をアップしてみます。

こちらが鳥居です。
何度もこちらに参拝させて頂いているのに毎回迷ってしまいます。ナビの案内が別の細い道に誘導しちゃうみたいです。
何回間違えても覚えない私も私ですがパンチ!


どうですか?美しい社殿ですよね!!!

といってももともとは瀬田川の河畔にあったのですが、下流に天ケ瀬ダムができるため旧社地が水没予定地になるため、高台に移したのだそうです。

瀬田川はこちらです。社殿の方からもきれいに見えます。

佐久奈度神社のご祭神は大祓詞(おおはらえのことば)に登場する祓戸四神です。
なかなか祓戸の大神だけがこうやって主祭神で祭られる神社は全国にもない少ないはずです。(というか私はここしか知りません)

祓戸四神というのは、

王冠2瀬織津姫尊(せおりつひめのみこと)   川の神さま
王冠2速秋津姫尊(はやあきつひめのみこと) 海の神さま
王冠2気吹戸主尊(いぶきどぬしのみこと)   風(息吹)の神さま
王冠2速佐須良姫尊(はやさすらひめのみこと)地底(霊界)の神さま


個人や社会の禍事(まがごと)や罪、穢れを祓ってくださるお祓いと禊ぎをつかさどる神様たちです。

禍事というのは曲がっていること
罪とは、汚れに包まれていること、汚れが積もっていること
穢れとは、気枯れといって、「気」が枯れている状態のこと

物事が偏り始めると、禍事になり、そして罪穢れが発生してゆくのです。

人間というのはいくら正しく生きよう、偏らずに生きよう。と心がけても、いつの間にか曲がってしまい、偏ってしまうのが癖なのです。

だからこそ、神棚で祝詞を奏上し、神社にお参りしてお祓いを定期的に受けると、また新たにきれいに生きられるのです。

だから、実はあまり注目されていませんが、この祓戸の四神はとっても重要ですし、とってもお世話になりまくっているのですよ!!


拝殿でニャリみゆきさんと一緒に参拝していたら、ここでみゆきさんの歌をご奉納したらどうか。という直感がやってきたので、お伝えすると、「ふるさと」を歌ってくれました。

すると、ものすごく神さまからのエネルギーが螺旋の動きでやってきて、まるで私たちと歌を清めてくださっているようでした。

そして、この後、みゆきさんの天命を新たにまた再確認するメッセージがやってきて、なぜだか涙が出てきて感動しまくりでしたラブラブ

いつもクライアントさんの天命にふれると、感動して、本当に人間って素晴らしいな。
神さまはなんて素晴らしく人間を作ってくださったんだろう。
なんて人間に生まれてこられるって、ありえない確率で大きなチャンスを頂いているんだろう。

と毎回感激します。

だから、私はみなさんに天命を歩んで頂くお手伝いがしたいのです。

東京では11月8日(木)~11月11日(日)まで新宿でセッションを行っています。
天命に気付くセッションも出来ますし、神社鑑定をされている方で新宿からそう遠くない神社が産土神社や鎮守神社の方には、神社同行セッションもさせて頂けます。

天命に気づきたい、天命を歩みたい、と思われる方、ぜひお問い合わせお待ちしています。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ