開運研究所公式ブログ

2017.11.16

人の気をもらいやすい人

先日教えてもらった話です。

手の指の小指が薬指の第一関節より短い人

人の気やエネルギーを受けやすい人なんですって!

 

写真は私の手ですが、右と左で長さが違うんですが
どちらも第一関節より短かった~。

やっぱり。

 

こういう人は、人の身体を施術する仕事などをすると
てきめんに人のエネルギーをもらっちゃう体質のようです。

 

ちなみにこちらはうちの夫の指。

写真では第一関節あたりにあるように見えますね。

でも実際みてみると、第一関節より短い。

 

他に小指が第一関節より長い家族はいないのか、
義父さんの指も見に行ってきましたが、やっぱり短かった。

「わしは足の小指も短いんじゃ」と言っておりました。

藤尾家には小指が長い人が少ない・・・。

 

それで最近よく受ける相談は

「相談にのる仕事してると相手の気をもらってしまう」

という悩み。

 

実は私もこの仕事始めたころは、それでよく悩んでいました。

昨日書いた、霊障の話にもちょっと通じますが、
そこまでいかなくても、相手の気を受けてしまって
体調を崩すというのは、普通によくあることでした。

 

そういう時、特に自分の弱い所に来ちゃうんですよ。

私の場合は、首が回らなくなる
↑お金の話じゃないからね(笑)

すぐ首がビビビーーッと固まってきて、
動かせなくなるくらい痛くなったりします。

 

もっとひどいと、肩、背中、バッリバリに固まり、
痛くて痛くて泣きそうになります。

 

そういう時に、自分でお祓いすることができるんですよ。

それが、巫女鈴セミナーでお伝えする、「お祓い術」

人のお祓いもしてあげられるし、
簡単なものなら自分で自分を祓うこともできます。

これやってあげたあとね、たいていの人は

「肩がこってたのに軽くなった~」

っておっしゃいます。

 

ただし、簡単じゃない場合は、
私も師僧のところに駆け込んでいって、
「お加持」してもらいます。

 

「お加持」してもらって、エーーイッ!!!と
やってもらうと、あんなに動かなかった首、背中が軽くなって
痛みもかなり和らぎます。

 

でも、受けるたんびに駆け込むわけにはいきませんので
ある程度、オーラを強化して、
受けづらい体質に改善していく必要がありますね。

それはまず産土信仰をはじめることから

 

特に、人と会うのが仕事の人。

人の身体を治したり、癒したり、さわる仕事の人。

 

ちょっと小指の長さチェックしてみてくださいね。

ちゃんと手のひらを伸ばさないと、
第一関節より長くみえますので注意が必要ですよ。

 

 

 

 

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ