開運研究所公式ブログ

2018.07.11

全員に読んで欲しい「歩いて知る神社と神さま」

宗教人類学者で他にも専門分野を多数お持ちの
植島啓司先生の新刊

出版社からのコメント

現在も世界各地の聖地を巡り、研究を続ける植島啓司さ
ん。本書は、その豊かなフィールドワーク体験をもとに
した書き下ろしです。
第一部では「神社と神さま」にかんする知識、第二部で
は各神社について語ります。
エッセイ調の丁寧でやさしい解説文+植島さん独自の切
り口で、初心者から上級者まで読みやすく楽しめる一冊。
芳醇でワクワクする「神社と神さま」の世界へ、植島さ
んがご案内。(amazonより)

この本は私が開運ツアーの時に、どういう所に
皆さんをお連れしてどういう体験をしてほしいか
という原点がお分かりいただける一冊です。

植島先生の観ている聖地の感覚と私はほぼ同じです。

そして植島先生の解説する神社の歴史も
とってもわかりやすい。

◆今の神社の形になる前にどうだったのか。

◆神仏習合(しんぶつしゅうごう)について

◆廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)はどのように起こったのか。

◆国家神道の後、神社はどうなったのか。

神社をただのパワースポットと考えるのではなく
どのような歴史を経て、今の神社になったのか
知っておくと、また深いお参りができるでしょう。

 

特に私が好きな章は

「だれもが神がいると思っているところに神はいない」

です。

だからその「神」に会える場所に案内するのが
私のツアーの一番の目的であり、
それが人気の秘密だったりするのです。

そして第二部の一度は訪れたい神社・古社
のチョイスもたまりません。

 

産土信仰は地主神を大事にします。
もともとの神様のこと、かなり書かれてあります。

 

いろんな神社の解説本がありますが、
産土信仰を信じる方には
この本で勉強して頂きたいです。

藤尾のツアーの参加される方にも
課題図書で読んできて頂きたい本です。

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ