開運研究所公式ブログ

2018.12.22

願い通りになるだけが開運ではありません



私がお伝えしている神社参拝は、特別な参拝法です。
なぜなら、魂レベルで前世も関係があるような今世の担当の神様=産土の大神さまと一番お会いできる神社にお参りするからです。

最近はいろんな先生が産土神社のことを、かなり違う解釈でされているようで、混乱されている方も増えています。

私が一生の担当の神様=産土の大神のいる神社=産土神社は、生まれ出てきた出生地ではなく、お母さんのおなかにいる時に住んでいた住所で探します。

里帰りで田舎に帰って出産しても、妊娠6か月前後の安定期の頃に住んでいた土地の神様が産土様になられるからです。

産土の神様について

さて、あるクライアント様の実際にあったお話を許可を頂いて、ご紹介いたします。

それはお母さまからのご相談で、中学三年生の男の子の進路の事でした。

その家族はみんな同じ部活(スポーツ)をしていて、その男の子もそのスポーツでかなり優秀な選手でした。

それでその県でも有名な強豪校(A高校)からのスポーツ推薦を待ってる状況でしたが、その子の学校のチームがあまり強くなかったためか、結局ひとりもスポーツ推薦がなかったようです。

また先生からは、成績が足りないから普通受験でA高校は厳しいといわれ、窮地に立たされていました。

それでもその子は、「絶対A高校じゃないといやだ。他のそのスポーツの強い学校にいくと寮に入らないといけなくなるから。自宅から通いたい」

という理由で、絶対にA高校じゃないと行きたくないというのです。。。というお悩みでした。

そこで、お母さんは、その子の産土神社はもちろん、A高校の受験校の鎮守神社に21日連続参拝をされたそうです。

そのお母さんは自営業で大変忙しいお店を経営されていて、参拝に行こうと思うと5時起きでお参りして、帰ってきて朝食を作って子どもたちを送り出すというようなハードな毎日だったそうです。

何度かあきらめそうになりながらも、連続参拝を続けていたそうです。

これは私の写真ですが・・

そんな中、息子さんが遠いからいやだといっていたB高校の先生がわざわざ中学にやってきて、スポーツ推薦でうちの高校に来ないか?とオファーされてきたそうです。

お母さまは、これはA高校に行きたいと連続参拝しているのに、B高校から話がくるというのは、お試しなのか???と悩んで、私に相談してきてくれました。

だけど、連続参拝行をしている時に来た話なのだし、お試しではなく、逆にいい話なんじゃないか。
A高校に行くことだけが幸せで部活も充実するとは限らないし。とお話しました。

その後、すぐにB高校に息子さんと一緒に練習の見学し、ちょっと練習にも参加させてもらったそうです。

監督さんがその子に目をつけてくれて、オファーしてくださっているということもありますし、B高校の先輩たちも、

「おまえ、この高校に来るんだろう!待ってるよ!」

と言ってくれたりして、息子さんもすっかりB高校に行こう!という気持ちに変わったそうです。

その結果、なんと学費も無料、それ以上に少し手当まで振り込んでくださるというすごい待遇で、B高校に進むことに無事決まったのです。

B高校の練習に今から参加していいよ。といわれていて、週末などに行かれてるそうですが、監督も

「これならすぐに使える!」と絶賛してくれているそうです。

A高校は確かにスポーツでは有名な高校で、しかも自宅からもそんなに遠くない高校なんですが、ちょっと彼の成績がA高校の成績では届かなかったそうですし、A高校の監督はちょっと厳しい系の先生。
しかも、ライバルはみんな強くて、自分の出番はもしかしたらあまりなかったかもしれません。

お母さんと息子さんの高校選びの条件は、とにかく部活が充実して、悔いなくやりきれるというのが一番でした。

A高校に勉強頑張って無理無理はいっても、部活が合わずにやめてしまい、勉強もついていけなくて、全然楽しくない高校生活になってしまっていた。かもしれません。

過去のご相談者にも、そういう方も実際いらっしゃいました。

だから、祈願はかけるけれど、その通りじゃない方向だったとしても後押しされる流れを信じて進んでみるというのも、かなりいい結果につながることが多いです。


私も、東京時代に定期借家だったので、引越しをしなくてはいけなくて、必死で開運法をやった結果、大家さんが「引越しなくていいです。このまま住んでもらえませんか?」といって、引越ししなくてよくなった経験があります。

祈願をかけたことは、別の物件がご縁がありますように、とお願いしたのに、結果はもっと嬉しい、動かなくていいというおはなし。

このように、産土の神様と出来るだけマメにコンタクトをとって、日々の報告したり、いいことがあったら御礼参りをしたり、そのような信頼関係を続けていると、大きく守護されたり、後押しされることが増えてきます。

あなたも、本当の産土の神様としっかりとコンタクトをとって、コミュニケーションをとって、開運していきませんか?

======================================================

節分・立春にしかないお祭りにも立ち会えます。
なかなか奈良にツアーできないので、
この機会に藤尾美友と一緒に立春初詣してみませんか?

日本最古の神社で立春初詣ツアー

======================================================
年末詣や立春や旧暦の初詣に、産土神社へ参りませんか?

パワースポットブームの最近ですが、どんなに素晴らしい聖地にいっても、
自分の担当神である産土さまにご挨拶していなかったら、紹介なしで、
有名人に会いにいってるファンみたいな感じなんです。

でも産土さまにお参りすると、しっかりと紹介してくださるので、丁重に
お客様として逢ってくださり、イザというときにとても助けてくださいます。

そういう神付き合いをしてみませんか?

======================================================

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ