開運研究所公式ブログ

2018.01.20

大寒のお水取り

本日は1月20日(土)が二十四節気の「大寒」です。

一年で一番寒さが増す2週間の突入です。
大寒からその後の「午」の日までの自然水、
井戸水を汲んできて、
水引をかけて台所に一年間祭ると、
火事除け、泥棒よけ、災難除けになります。

 

今年は関しては、「午」の日が1月26日(金)なので、
本日から26日までお水取りができます。

写真は台所に祀った大寒のお水です。
本来1年経っても綺麗な水のままのはずですが、
藻が発生してしまいました。

昔の台所と違って、今は暖かいリビングダイニングなので、
余計にそうなるのだと思います。
そこで、昨年は色付きのボトルに入れて祀ってみました。

すると1年経ったお水もすっごく綺麗。
今でも飲めそうなくらいでした。

このような色やブルーの瓶に入れておくと、
悪くならず1年もつし、
光が当たらない下の棚に入れておければ
その方が長持ちすると思います。

昨年頂いた水は庭などに撒きましょう。
途中で苔が生えてきたりしたら、
もうそのお水はお庭に撒いたり、
植木鉢にかけたりしましょう。

もう1本、別のペットボトルに汲んだお水は、
家族に飲んでもらいます。

大寒に汲んだお水を飲むと、
一年間お金と健康に苦労しないのです!!!

↑大事ですよね~


私は自宅の近くの知る人ぞ知るお水取りのできるお地蔵様


こちらでお水をとらせて頂きます。

お水を頂く前に、神社やお寺の場合は、
「お水を頂きにあがりました」
と先に神仏にご挨拶してから頂くようにしてくださいね。

 

RECENT ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
各種お申込み・お問合わせ